NEW

JRA関係者の声で1点勝負! プロキオンS(G3)は究極3頭で決まりか

【この記事のキーワード】

, ,

JRA関係者の声で1点勝負! プロキオンS(G3)は究極3頭で決まりかの画像1

 8日(日)に中京競馬場でプロキオンS(G3)が開催される。この時期に開催される数少ないダートの短距離重賞。フルゲート割れにはなったが、今年も快速自慢の馬たちが出走を予定している。

 今週は「現場の声を重視するブロディN」がプロキオンSに"3頭"のみで挑戦。関係者より入手した「有力情報」から選んだ「至極の◎○▲」を紹介していこう。

 まず、押しも押されもせぬ本命「◎」に選んだのは、昨年の覇者・キングズガード(牡7歳、栗東・寺島良厩舎)だ。

 昨年は5番人気ながら、後方待機で脚をためて最後の直線で縫うように進出。前が開いたと見るや否や、上がり最速35.6秒の末脚を繰り出して、2着に2馬身差をつける圧勝劇を飾ってみせた。

 その後は重賞戦線で奮闘し、近走ではフェブラリーS(G1)で6着、交流重賞の黒船賞とかきつばた記念ではともに2着と安定した走りを見せている。昨年、勝利を収めた舞台で1年ぶりの勝利を狙う。

「キングズベストは中京競馬場を得意としており、4着以下になったのは距離が長すぎるチャンピオンズカップ(G1)のみです。今回は1400m戦ですが陣営はこの距離ならば、『下手に動かず、直線勝負に徹すること可能。いい形に持ち込めば勝負ができる』と話していました。

 斤量は57kgとさほど軽くはないですが、34戦中15戦も背負っており、慣れた重さ。昨年の覇者の意地を見せてもらいたいですね」(現場記者)

 最終追い切りは、栗東・CWコースでテルペリオン(4歳1000万下)と併せ、81秒7-12秒2をマークする上々の動きを披露。末脚自慢のキングズガードは連覇を達成できるのだろうか。

JRA関係者の声で1点勝負! プロキオンS(G3)は究極3頭で決まりかのページです。GJは、競馬、ダートプロキオンS中京競馬場の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!