NEW

七夕賞「サイン」は柳楽優弥で盤石!? 1986年以来31連敗中......七夕賞で「絶対に買ってはならない馬券」とは

【この記事のキーワード】

, ,

七夕賞「サイン」は柳楽優弥で盤石!? 1986年以来31連敗中......七夕賞で「絶対に買ってはならない馬券」とはの画像1

 8日に福島競馬場で行われる七夕賞(G3)。今年は100周年としてイベント目白押しの福島競馬だが、今週のメインレースにはJRAの年間CMでお馴染みの柳楽優弥がプレゼンターを務める。

 今年は2年目となるJRAのプロモーション活動の他にも、積極的にプレゼンターを務めている柳楽。単独での登場は桜花賞、安田記念に続いて3度目となる。「サイン馬券」としては、当然その関連性に注目だ。

 桜花賞、安田記念ともにC.ルメール騎手が勝利しているが、今回の七夕賞には残念ながら参戦していない。もう1つの特徴は両レースとも「1枠」「5枠」が馬券圏内に絡んでいることだ。今回の七夕賞も1枠にはプラチナムバレット、5枠にはマイネルサージュとサーブルオールがエントリーしており、十分に現実的な組み合わせといえるだろう。

 また、騎手では戸崎圭太騎手に注目したい。

 七夕賞が行われる7月8日は戸崎騎手の誕生日。それも戸崎騎手は本レースを連覇中と、相性も抜群だ。騎乗馬は1番人気が濃厚なサーブルオール。先程の柳楽とのサインと相まって、バースデイVなるか。

 そして、七夕賞で注目したいのは、なんといっても「7」という数字である。

 過去10年を振り返っても、馬番「7」は2015、14、12、10、08と半数の5年で馬券圏内に加わっている。また、「7」番人気も2017、13、12、11、08と、こちらも非常に高い頻度で馬券に絡んでおり、好配当の使者となっている。今年はワンブレスアウェイが7番にエントリー。しかも本馬は現在7番人気とサイン的には非常に強力な状態だ。なお、7番人気の7番は2008年のミヤビランベリが1着だった。

 また、この日の福島競馬はオールドファンにとっては懐かしい、昭和62年まで使用されたファンファーレが採用されているそうだ。この七夕賞ではトランペッターの山崎千裕さんによる生演奏が予定されている。

七夕賞「サイン」は柳楽優弥で盤石!? 1986年以来31連敗中......七夕賞で「絶対に買ってはならない馬券」とはのページです。GJは、競馬、サイン七夕賞柳楽優弥の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!