NEW

武豊ジェニアル「仏G1制覇」近づくも「トラブル」発生? キーファーズとしては「先約破棄」希望か

【この記事のキーワード】

, ,

武豊ジェニアル「仏G1制覇」近づくも「トラブル」発生? キーファーズとしては「先約破棄」希望かの画像1

「武豊騎手に乗っていただき、凱旋門賞を勝つのが私の夢です」

 事あるごとにこう語り、話題となっていたキーファーズの松島正昭氏。その壮大な夢とは裏腹に、まるで結果が伴わなかったため、松島氏はときに嘲笑の対象にもなっていた。だが、その"夢"がついに現実味を帯び始めている。

 22日に開催されたフランスG3のメシドール賞で、武豊騎乗のジェニアルが重賞初制覇を達成。芝の直線1600mの4頭立てで行われたレースで、3番人気だったジェニアルは早々にハナを奪った。そのまま終始レースをリードし、一度ジミートゥータイムズに並ばれるも、ゴール前で差し替えして1/2馬身差をつけて勝利を収めている。

 レース後、武豊騎手は折り合いがついていいレースが展開できたと話し、「ディープインパクトは僕にとって特別な馬、母(サラフィナ)もフランスで活躍した馬。フランスの重賞を勝ててうれしいです」と語ったという。

 父にディープインパクト、母に2010年の仏オークス馬でその年のヨーロッパ最優秀3歳牝馬に選出されているサラフィナを持つジェニアル。セレクトセール2015において1億6000万円の高値で競り落とされているなど期待されていたものの、日本では今夏500万下に降級するなどその能力を発揮できていなかった。

「ジェニアルは大金星をあげましたね。同馬が競り勝ったジミートゥータイムズは昨年ミュゲ賞(G2・芝1600m)を勝利し、他の重賞でも馬券圏内に入るなどしており、確かな実力を持っている馬です。そのライバルに競り勝ったのは大いに自信になるのではないでしょうか。

 ジェニアルが競り落とされたセレクトセールの会場には母馬サラフィナの主戦を務めていたC.ルメール騎手も訪れました。そしてそこで、『母の面影がある』『ディープインパクトとサラフィナは世界で一番の配合』とジェニアルについて興奮気味に語っていたそうです。その時からフランスの競馬場に適性があることを感じ取っていたのかもしれませんね」(競馬誌ライター)

武豊ジェニアル「仏G1制覇」近づくも「トラブル」発生? キーファーズとしては「先約破棄」希望かのページです。GJは、競馬、キーファーズジェニアル武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!