NEW

競輪「KEIRINグランプリ」は新田祐大超速で決まり!? 「近畿カルテット」撃破を予想

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
競輪「KEIRINグランプリ」は新田祐大追い込みで決まり!? 「近畿カルテット」撃破を予想の画像1

 12月30日に今年のG1レース優勝の4選手、年間獲得賞金額上位5選手が静岡競輪場で、1億円を懸けた勝負のレースに挑む「KEIRINグランプリ」。出場選手は原則、翌年S級S班に所属することになる。

 今回の注目は4車が結束する近畿勢。2018年は最強ともいえる走りを見せた脇本雄太(福井 94期)に番手の三谷竜生(奈良 101期)、その後ろに村上義弘(京都 73期)・博幸(京都 86期)兄弟と、そのラインは強力だ。

 しかし近畿勢だけで決まるほど単純なものではないだろう。。脇本は性格的にジャン前から仕掛けてくるだろうが、寒波の影響で体力が奪われる可能性もあり、他選手たちもみすみす自在に駆けさせはしない。さらに過去のグランプリで先行を切った選手は、みな大きな着が目立つ。1着を取ったのは1990年の坂本選手、1999年の太田選手、2001年の伏見選手のみ。錚々たるメンバーのグランプリで逃げ切るのはやはり至難の業だ。

 勝負を左右するのは番手の競り合い。脇本に好き勝手に逃げさせないとしても、近畿勢以外は切り込むしかなく、関東の平原康多(埼玉 87期)、武田豊樹(茨城 88期)は脇本の番手を狙ってくる。近畿勢の番手三谷―村上と関東勢の平原―武田が大きく争うことになれば、脚を温存できる新田祐大(福島 90期)、清水裕友(山口 105期)、浅井康太(三重 90期)の捲り時だ。

 清水は「見せ場を作る」とコメントしており、必ず仕掛けてくるだろう。清水の仕掛けどころのセンスは抜群で、前列の争いが一息ついた瞬間に出てくる。その後ろにつける新田が、今年のグランプリの本命と見た。

 今年の全日本選抜では、近畿4車に関東2車と単騎3車という、グランプリと同じ番組があった。この時は近畿の先行だった古性が最終周回で垂れてしまい、仕方なしに村上が自力に入ったところを新田が外から捲りきった。その強烈なスピードを改めて証明している。

競輪「KEIRINグランプリ」は新田祐大超速で決まり!? 「近畿カルテット」撃破を予想のページです。GJは、競輪・競艇、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

https://best-mining.com.ua

У нашей фирмы интересный веб сайт , он описывает в статьях про липосакция http://plasticsurgery.com.ua
https://best-cooler.reviews