NEW
経済で新しい時代を拓く――株式取引所設立に尽力した男たち(1)渋沢栄一編

帝国ホテル、アサヒビール…なぜ渋沢栄一は「日本最大の起業家」になれたのか?

【この記事のキーワード】

, , ,

『日本経済の心臓 証券市場誕生!』(集英社/日本取引所グループ)
 2018年は日本の近代化の幕開けともいえる明治維新から150年にあたる年だが、節目となるのはそれだけではない。日本経済の象徴ともいえる街・兜町にある東京証券取引所は、前身となる東京株式取引所を含めて今年で設立140周年を迎えた。


 集英社から出版されている『』(日本取引所グループ)は、江戸時代から現代に至るまでの証券の歴史を膨大な史料で追いかけた1冊で、江戸時代の「堂島米会所」、明治時代の「東京株式取引所」、戦後の「東京証券取引所」の3つの“誕生”が軸となっている。

 この連載では、その3つの誕生の中から、日本に「株取引」をもたらした明治時代初期の「株式取引所設立」という出来事にフォーカスを当て、渋沢栄一、田中平八、今村清之助、五代友厚という4人のキーマンの生きざまを、『証券市場誕生!』の編纂を担当した日本取引所グループ金融リテラシーサポート部の石田慈宏氏のコメントとともに追いかけていく。

 第1回は日本資本主義の父として知られ、500社以上の企業の立ち上げにかかわった日本最大のアントレプレナー・渋沢栄一である。

理想主義者だった渋沢栄一、若い頃は役人に追われる身に…


 渋沢栄一が生まれたのは1840年のこと。生家は現在の埼玉県深谷市血洗島で、農業と藍染め染料を売る豪農であった。この家は地域最大級の農家で、父親が学問好きであったことから、栄一は『論語』の手ほどきを受けたほか、一族のうちで学者をしていた尾高惇忠について学問を修めている。 1861年、江戸に遊学に出た栄一は尊王攘夷思想を抱き、高崎城の占領や横浜での外国人襲撃を計画して討幕を志す。この計画は惇忠の弟の懸命な説得によって中止になるが、栄一は役人から追われる身となってしまう。江戸で知り合った一橋徳川家の用人のとりなしで一橋家用人の家中になり、当主・慶喜の京都異動の後には家臣として出仕している。

 この若い頃の行動を見てもわかるように、渋沢栄一は信念を持ち理想を志す人物であったようだ。石田氏も、史料を追うなかで「“日本最大の経済人のひとり”のイメージが定着しているが、思った以上に理想主義者だと感じた。だからこそ、日本の経済の基礎やビジネスの基礎をつくり上げられたのでは」と語っている。

パリで見た「株式取引所」、そして政府を去る


 一橋家への仕官のなかで、栄一に大きな転機が訪れる。フランス・パリへの約1年半の留学である。

 パリで彼が見た景色は、まさに「理想」だったようだ。生まれや家の財産に関係なく、志があれば誰でも株式を通じて資本を集め、産業を興すことができる。そして、商業が多く興れば労働者は増え、社会全体の生活水準も向上する。

 また、株式取引所見学の機会は大きな感嘆をもたらす。事業を興さなくても、株式を買えばその事業に参加できる――その仕組みこそ、「日本に必要な制度である」と栄一は確信した。

 栄一は株式会社を「合本主義」と呼び、日本での定着を目指すことになる。この合本主義とは、他人同士が資本金や労力を出し合い、ひとつの事業を成し遂げようとするもので、当時の日本においては非常に革新的な制度であった。

江戸時代の堂島米会所から明治期の取引所設立、戦後の証券市場復興とバブル期の隆盛まで、「証券市場の歴史」決定版! 世界初の先物市場は17世紀に大阪米市場から生まれた。将軍さえも思いどおりにはできなかった米市場の実態とは? 明治維新後の動乱期に、証券所設立のために政府と民間の立場を超えて協力した渋沢栄一や今村清之介、田中糸平。彼らの生涯とは? 戦後のGHQとの証券市場復活交渉における意外な秘話や、バブル期のエネルギーあふれる市場の活況まで、人と人のつながりが育ててきた証券市場の物語。


帝国ホテル、アサヒビール…なぜ渋沢栄一は「日本最大の起業家」になれたのか?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、東京証券取引所株式渋沢栄一起業の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
Велосипеды DiamondBack

www.best-cooler.reviews/k2-coolers-for-sale-review/

www.velomarket.org.ua