NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

暴言をやめない麻生太郎氏、他人への想像力が欠如している可能性…強い特権意識も影響か

【この記事のキーワード】

, ,

写真:毎日新聞社/アフロ

 麻生太郎財務相は、財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ問題で「セクハラ罪はない」と発言して批判を受けたが、5月8日の記者会見で「セクハラ罪って罪はないと思う」と改めて主張し、「事実を申し上げているだけだ」と述べた。麻生氏は、福田氏の辞任承認を公表した際も、セクハラ疑惑について「はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中にご意見ある」と語って、野党から批判の声が上がったが、まったく懲りていないようだ。

 また、森友学園の公文書改ざん問題についても「どの組織だってありうる。個人の問題だ」などと発言し、物議を醸している。なぜ麻生氏はわざわざ問題となるような発言をするのか? しかも、批判を受けても一向に意に介さず、問題発言を繰り返すのはなぜなのか?

 麻生氏の言動を分析すると、次の3つの特徴に気づく。

(1)強い特権意識
(2)想像力の欠如
(3)自覚の欠如

 いくら批判を浴びても懲りずに麻生氏が問題発言を繰り返すのは、「自分は特別な人間だから、少々のことは許される」という特権意識を抱いているせいのように見える。もっとも、(1)強い特権意識を抱いても当然と思えるほどの名門一族の生まれである。

 まず、明治の元勲、大久保利通(NHKの大河ドラマ『西郷どん』で瑛太さんが演じている人物)を高祖父に持つ。また、1951年に首相としてサンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約を締結した吉田茂は、母方の祖父である。しかも、妹の信子さんは皇室に嫁いでいる。したがって、超のつく名門の血筋のうえ、麻生家は九州三大石炭財閥の一つに数えられたほどの大富豪なのだから、麻生氏が特権意識を抱いても不思議ではない。

 このような名門の大富豪の御曹司として生まれた麻生氏は、幼い頃から使用人にかしずかれ、何でも許容されてきたのだろう。そのため、こんなことを言うと相手がどう感じるかとか、こんなことをすると相手がどう思うかと想像力を働かせる必要がなかったのではないか。
 
 そもそも、われわれが日々の生活で想像力を働かせるのは、そうしなければ困ることがあるからだ。反感を買ったらどうしよう、怒らせたらどうしようなどと気にするからこそ、相手の反応を想像する。そして、自分が困るような反応が返ってきそうだったら、わが身を守るために言動を慎む。

暴言をやめない麻生太郎氏、他人への想像力が欠如している可能性…強い特権意識も影響かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、セクハラ問題森友学園麻生太郎財務相の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事