NEW
鈴木祐司「メディアの今、そして次世代」

フジテレビが連ドラで快挙、反転攻勢か…カギ握るバラエティは視聴率トップ10入りゼロ

【この記事のキーワード】

, ,

フジテレビ本社ビル(「wikipedia」より)

 このところフジテレビに元気が戻ってきたと、もっぱら評判だ。ドラマについては、月曜夜9時台の“月9”が前~今クールと好評だ。木曜夜10時台も今クールは調子が良い。特に両枠の今クールは4話までの平均が二桁と、16年の同クール以来の快挙となっている。

 昨年6月の就任早々“非常事態宣言”を出した宮内正喜社長は、今年7月の定例会見で1年を振り返り、「必ず復活するという手応えを感じた1年だった」と総括した。また編成担当の石原隆取締役も、同会見で「最近『フジのドラマおもしろいんじゃないの』という声をちらほら聞く」と語った。番組に勢いが出ていると、経営陣は手応えを感じているようだ。

 しかし、その好調ぶりは本物だろうか。確かに今年度第1四半期の編成表全体の視聴率は下げ止まりを感じさせるものがある。各種データを交え、フジの反転攻勢の可能性と課題を検証してみたい。

月9は底打ち?


 フジを象徴する番組といえば、トレンディドラマでヒットを飛ばしまくった月9が真っ先に思い浮かぶ。1990年代半ばまでは視聴率20%超(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)が当たり前だったからだ。『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』『あすなろ物語』『ロングバケーション』と、大ヒット作は枚挙に暇がない。特に『ひとつ屋根の下2』(全話平均視聴率:27%)と『ラブジェネレーション』(同30.8%)などで、月9の年間平均視聴率25%超を達成した97年は、連続ドラマのベスト4を月9がすべて独占した空前絶後の1年だった。

 しかし勢いは、その後衰えていく。2002年以降は月9の年間平均が20%を超えなくなり、09年以降は15%未満が続くようになった。さらに16年には、年間平均がついに一桁にまで落ち込んでしまったのである。17年は『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』が全話平均14.8%と久々に気を吐いたが、18年冬クールには『海月姫』が同6.1%と月9史上最低記録を出すなど、トンネルの出口は見えない状況だったのである。

 ところが前クールの『コンフィデンスマンJP』は同8.9%と二桁には届かなかったものの、SNS上ではかなり評判になった。そして今クールの『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、初回から4話までの平均が10.6%。しかも3~4話は初回より数字が上昇している。「月9復活」という声が出始めているほどだ。



脱「楽しくなければテレビじゃない」


 月9以外に木10ドラマにも明るい兆しが見えてきた。昨年秋クールの『刑事ゆがみ』はエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」を受賞するなど、見応えがあると評判になった。今年冬クールの『隣の家族は青く見える』も、不妊治療・LGBT・教育など社会問題と対峙した力作と評された。そして春クールの『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』は、フランス古典文学に挑み傑作の誉れ高い出来となった。

フジテレビが連ドラで快挙、反転攻勢か…カギ握るバラエティは視聴率トップ10入りゼロのページです。ビジネスジャーナルは、連載、バイキングフジテレビ日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事