NEW
池内ひろ美「男と女の問題を斬る」

印象も良く全部おごってくれる40代の彼氏が、突然私のSNSに誹謗中傷を書き込み始めた理由

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

「もう私、SNSをやめたくなりました」

 筆者の下に相談にいらして、いきなり泣きそうな表情になる30代の美しい女性。彼女の身に一体、何が起こったのだろう。

 数年前から彼女は仕事での出来事などを記事にまとめて、自身のFacebook上に定期的にアップしている。Facebook上での“友だち”は2000人を超えており、昨年始めたInstagramはフォロワーが500人以上ということだから、芸能人ではない一般の女性としては十分「SNS有名人」と呼べるだろう。

 Facebookでは、彼女が自宅をベースに行っているセラピーについて、週1回ペースでその内容やセラピーを受けに集まってくれた人たちの紹介を行っている。セラピーを受けることを希望するのは、女性だけでなく男性もいるとのこと。

「セラピーにいらっしゃった男性とのトラブルですか?」
「いいえ、彼はセラピーには来ていません」
「では、彼とはどこで知り合ったのでしょう?」
「10人ほど集まった小さな食事会でした」

 彼女の知人が主催した食事会はワインを楽しむ会で、都内のイタリアンレストランで年数回開かれているという。彼女は3度目の参加だったが、そこに初参加の彼がいた。彼は、彼女を見るとすぐ声をかけてきた。

「いつもFacebookとInstagramを見ています。僕は、あなたのファンなんです!」

 初対面の人から公然とファン宣言されて、悪い気はしなかった。食事会の間ずっと、彼は彼女のFacebookの記事内容について感想を話してくれたし、以前から彼女の考え方や生き方が素敵だと思っていたと熱く語ってくれた。

 彼女は少し照れくさそうに話す。

「話してみて印象のいい男性でしたし、自分で会社を経営している40代独身の男性が、正面切って『ファンです』と言ってくれたのがうれしくて、実は食事会で会った後、すぐに付き合い始めたんです」

 一人暮らしの彼の自宅で、彼女は得意な料理をつくり、彼は何度も彼女にプレゼントをくれ、短い国内旅行を一緒にすることもあった。彼はいつも彼女をリードしてくれ、食事や旅行の費用も彼が負担してくれた。

印象も良く全部おごってくれる40代の彼氏が、突然私のSNSに誹謗中傷を書き込み始めた理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、FacebookInstagramSNSの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事