NEW

『獣になれない私たち』、『逃げ恥』超え予感の“得体の知れない感動”…新垣結衣、完璧

キャプション

 今クールの連続テレビドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第1話が10日、放送された。

 付き合って数年になる深海晶(新垣結衣)と花井京谷(田中圭)はある日曜の夜、晶の行きつけのクラフトビールバー「5tap」で食事をしていると、晶は京谷から今度母親に会ってほしいと言われ、快諾。そのとき、晶は同じく店の常連客である根元恒星(松田龍平)と一緒にいる橘呉羽(菊地凛子)の派手な服装が気になり、京谷に「あの人、あの女の人、スゴイ格好だなって」と口にする。そして、どこにアピールしてるのかと不思議がる京谷に対し、晶は「着たい服を、着てるだけなんじゃないの?」と返す。

 そんななか、突然、呉羽は「結婚する」と恒星に言い、店主のタクラマカン斎藤(松尾貴史)は、お祝いのために特別なビールを客全員に振る舞うが、実は呉羽の結婚相手は恒星ではないことが明かされ、てっきり2人は付き合ていると思っていた店主や晶たちは驚く。

 店を出た晶と京谷が晶の部屋に行くと、京谷はその部屋の契約更新を通知する郵便物を見つけ、2年はあっという間だと言う晶は、「引っ越そうか、どうしようか……京谷」と思わせぶりな言葉を吐き、京谷は言葉に詰まる。

 翌朝6時30分に晶が目を覚ましてから会社に着くまでの間、ひっきりなしに、晶が勤めるIT企業の九十九剣児社長(山内圭哉)から指示のメッセージがスマホに届く。晶は営業アシスタントながらも、パワハラ豪腕社長である九十九の下で、仕事ができない営業担当者の松任谷夢子や上野発の担当業務の代行や尻拭いまでやらされ、嫌と言えない性格の晶はいつも笑顔を絶やさずに、その状況に耐えていたのだった。

 月曜ながらも仕事でクタクタになった晶が帰宅途中に「5tap」に寄ると、そこには一人で飲む恒星の姿が。常連客同士ながらも言葉を交わしたことのなかった2人だったが、晶は思い切って恒星に言葉をかける。

晶「一つ、不躾なことを聞いてもいいですか?」

恒星「いやです」

晶「呉羽さんが(前日の結婚発表の際に)言ってた、『(恒星とは)お互いに大して好きじゃなかった』。あれって、どういう意味ですか? 初めはお互い好きだったけど、長く付き合っていくうちに、気持ちが薄れていって、お互いに、大して好きじゃなくなった。そういうことですか?」

恒星「だいぶ違うな。俺は彼女を愛してたし、彼女も俺を愛していた。だけど、どうしても結婚できない事情があったんだ。実は俺、長くないんです、人生の残り時間。そういうわけで、愛する彼女を手放しました」

 そのとき、恒星のスマホが鳴り席を離れ、戻ると晶の姿が見えない。晶はもう帰ったと思った恒星は、店主の斎藤に語りかける。

恒星「あの女、晶だっけ。さっきの質問、なんだあれ。暇な女の野次馬好奇心?」 

斎藤「マタニティーブルー、あ、ごめん、マリッジブルー。響き似てるから。彼氏との結婚迷ってるんじゃないかな」 

恒星「キモい。あの女がキモい。前から思ってたんだよね。おキレイだけど、嘘っぽくない?あの完璧な笑顔が、なんかキモい」

 するとそこに、すでに帰ったと思っていた晶がトイレから出てきて、笑顔で挨拶をして店を出ていく。斎藤は直前の会話を晶に聞かれていないと言い、恒星は聞かれていたと断言する。

『獣になれない私たち』、『逃げ恥』超え予感の“得体の知れない感動”…新垣結衣、完璧のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、新垣結衣獣になれない私たち逃げるが恥だが役に立つの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事