NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

なぜ高収入のモーツァルトは極貧のなか35歳で死んだのか?

「Getty Images」より

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を、22日まで開催の今国会中に成立させるべく、与党を中心に審議が進められています。カジノ導入にあたって最大の懸案事項とされている「ギャンブル依存症」についても、実施法案に先立って6日にギャンブル依存症対策基本法が成立しました。

 実は、ギャンブルにハマり身を滅ぼす人は、洋の東西を問わず、古くからいたようです。

借金を繰り返したモーツァルト

 クラシック音楽に興味がない方であっても、モーツァルトの音楽を一度は聴かれたことがあると思います。彼は、美しい音楽を作曲しながら、貧困にあえぎ、借金を繰り返し、絶望のなか、35歳で早世した悲劇の作曲家だともいわれています。

 しかし、実際に彼が住んでいたオーストリアのウイーンを訪れてみると、最後の住居は街の目抜き通り沿いの高級な場所にあり、妻を湯治のために高級保養地にも行かせています。そして、当時ヨーロッパ最大の王室であるハプスブルク家の宮廷作曲家にも就任し、現在の大手銀行の支店長くらいの給料はもらっていました。それとは別に、彼の作品のオペラやコンサートもたくさんあって臨時収入も少なくなかったようです。確かに派手好みだったとはいえますが、そこまで生活が困窮するというのは不思議な話です。

 実際に、彼のパトロンのひとりであったプフベルクに、何度も何度も借金の無心をしています。ある時には、何カ月も暮らせるくらいの金額を受け取っていながら、その翌日に再び借金の無心をすることもありました。プフベルクも、「これでモーツァルトには、何不自由なく作曲に専念してもらえる」という親切心で貸していたわけで、さすがにおかしいと思ったはずです。お人好しのプフベルクは、小額ではありますが再び貸しています。いったいモーツァルトは、何にお金を注ぎ込んでいたのでしょうか。

 結論は、モーツァルトはギャンブル依存だったのです。しかも、困ったことに、ものすごく弱かったのです。そのため、大金を借りても翌朝には財布が空っぽになりました。朝食のパンも買えず、冬の寒さが厳しいウイーンで、暖炉の薪にも事欠くようになるのです。

なぜ高収入のモーツァルトは極貧のなか35歳で死んだのか?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」ギャンブル依存症対策基本法モーツァルト借金の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事