NEW
鈴木祐司「メディアの今、そして次世代」

「中高年向け」テレ朝、視聴率2位の裏で深刻な事態…バラエティ壊滅的、広告収入低迷

【この記事のキーワード】

, ,

六本木ヒルズ内にあるテレビ朝日本社(「」より/Wiiii)

 テレビ朝日は2012年度、念願の視聴率三冠王にあと一歩までに迫った。ところがその後、G(ゴールデン)P(プライム)帯(夜7~11時)の数字は急落を始め、14年度から三冠王の日本テレビに差をつけられたままだ。

 しかも視聴率だけでなく、広告収入の面で見ても差は拡大の一途だ。12年度に375億円だったが、17年度は620億円にまで拡大してしまった。ここ何年も、安定的に2位を確保しているものの、次の飛躍は見えてこない。トップ争いを演じていることの“恍惚”と、首位との差が広がっていることの“不安”について考えてみた。

伸び悩む視聴率


 テレ朝は10~12年度にかけて、3年連続で世帯視聴率を改善させていた。この結果12年度は、開局以来初のGP帯トップとなり、全日でわずかに0.1%届かず三冠を逃していた(以下、視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。



 ところが13~14年度と、全日・P帯・G帯とも大きく数字を落とした。それまでの勢いに急ブレーキがかかった格好だった。しかも15~17年度もGP帯で数字を落とし続けている。一度は肉薄した日テレに、大きく水をあけられたままなのである。

 ただし今年度の第1四半期は、いくぶん数字を改善した。前年同期比で見ると、首位の日テレが3時間帯のいずれも数字を落としたのに対し、テレ朝は大幅に改善させた。全日0.3%増、P帯0.8%増、G帯1.0%増と躍進していたのである。



 ただしロングスパンで見ると、喜んでばかりもいられない状況だ。15~16年度1四半期のP帯視聴率は0.2~0.3%幅で下落を続けていた。17年度が1.1%も急落したので、18年度の0.8%上昇は元のペースに戻っただけとも見える。つまり0.2~0.3%幅での下落は、今も続いていると解釈することも可能なのだ。視聴率の動向にも、恍惚と不安がついて回っている。

ドラマという恍惚


 視聴率全体だけでなく、番組をジャンル別に見た場合にも、同局には恍惚と不安がある。ドラマが好調なのに対して、バラエティが不調だからだ。

 17年度各局のGP帯でのドラマ枠は、4局とも3枠だった。3枠の年間平均視聴率は、最低がフジで7.9%。次が日テレの9.4%。『A LIFE』や『小さな巨人』などヒット作があったTBSでも年間平均では10.7%とかろうじて2桁だ。これに対してテレ朝は13.1%と2位のTBSに大差をつけている。

「中高年向け」テレ朝、視聴率2位の裏で深刻な事態…バラエティ壊滅的、広告収入低迷のページです。ビジネスジャーナルは、連載、テレビ朝日フジテレビ日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事