NEW
山崎俊輔「発想の逆転でお金に強くなる『お金のトリセツ』」

夏のボーナスが消えてしまわないために、今すぐやるべきこと…資産が増える第一歩

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

もし、あなたのボーナスがまだ少しだけでも残っているのなら


 8月の給与振込日、あなたの給与振込口座の残高はどうだったのでしょうか。ほとんどゼロになって給与振り込みを待ったのか、6~7月に支給された夏のボーナスの残高が少しだけあって、そこに給与が振り込まれたのか、どちらでしょうか。

 もし、残高がゼロ(あるいは1000円以下)でなければ、あなたのボーナスはまだ生き残っているということです。しかし、このままではボーナスがなくなってしまうのも時間の問題です。

 そこで、ちょっと発想を切り替えて、ボーナスを生き延びさせる方法を考えてみましょう。そのボーナスをあと数カ月、できれば次のボーナスまで延命させる「仕掛け」を考えてみるのです。

(1)残ったボーナスを全額給与振込口座から逃がす


 あなたの会社の給与振込日が25日だとしたら、8月24日に残っていた金額のすべてを、その口座から逃がしてください。これがまず、最初に行うべき第一のことです。そうしなければ残りのお金は9月の給与振込日までの間に、生活費と区分できずに溶けて混じり合い、消えてしまうことになるでしょう。これはもう確実です。

 少しでもボーナスが生き残っているのなら、そのボーナスの寿命を一日でも延ばすため、日常生活費と同じ口座にいさせてはいけません。すでに別の銀行口座があれば、とにかくそこにお金を逃がします。ATMでおろして、入金し直します。

 たったそれだけのことで、あなたのお金の寿命が延びるのです。

夏のボーナスが消えてしまわないために、今すぐやるべきこと…資産が増える第一歩のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ボーナス定期預金銀行の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事