NEW

出世のために必要不可欠? 「スルーするテクニック」のコツ

【この記事のキーワード】

, ,

※画像:(大嶋信頼著、ワニブックス刊)

「恋人はいるの?結婚はしないの?」
「なんで休みの日にどこにも行かないの?」

 といった質問を「面倒くさいなあ」と感じたことはないだろうか。そして実際に回答をするのもかなり精神力を使い、疲れてしまう。

 そんなことにならないためにも、身につけたいのがスルーするスキルだ。

『スルースキル “あえて鈍感"になって人生をラクにする方法』(大嶋信頼著、ワニブックス刊)では、なぜ面倒くさい人が現れるのかのメカニズムを解説し、簡単にできる対処法が紹介されている。

 例えば、職場の先輩に「付き合っている人はいるの?」といったプライベートなことを聞かれたとき、どう答えればいいのだろうか。

 このような場合は「しっぺ返し」で詮索してくる先輩を撃退するのがよいと著者。「付き合っている人は?」と聞かれたら「今はいませんが、先輩はいらっしゃるんですか?」と相手に質問を返す。仮に相手が結婚していたら「奥さん(旦那さん)以外に付き合っている方はいらっしゃるんですか?」とやってしまうのも手だ。

 こちらが相手に質問返しをすることで先輩の鏡になってあげて「あなたのやっていることはこんなことなんですよ」と映し出してあげるのだ。

 また、著者曰く、スルーできない人、敏感な人は、いつまでも出世できないという。なぜなら「引っかかって嫌な気持ちが抜けない」状態になってしまうからだ。

 敏感にいろいろなことに反応するため、せっかくいい仕事をしているのに誰にも認められないという、本当に残念な現象も起きる。

 一方、スルーできる人は堂々としているので、実は大したことをやっていなくても他の人から認められる。なので、鈍感になることで出世の道は拓けるということだ。

 スルーするスキルを身につけるには、鈍感になること。これは敏感な人にとっては難しいことかもしれない。本書を参考にして鈍感になることで、気にし過ぎずに、もっと楽に生きることができるはずだ。

(新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

出世のために必要不可欠? 「スルーするテクニック」のコツのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、コミュニケーションスルースキル出世の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事