NEW

賃貸物件の家賃って値引き交渉できるの?

【この記事のキーワード】

, ,

【より】

 毎月一定額の支払いがある家賃を少しでも安くしたい。賃貸物件に住むなら誰しもが考えることだろう。表示されている家賃より値引きしてもらうのは基本的に難しいが、できないわけではない。成功率は10~20%程度で、値引き額は1,000円~3,000円程度に収まるくらいだが、年間で考えると12,000円~36,000円にもなるため、交渉しないよりはマシだ。

家賃の交渉がしやすい物件の条件

(Image:Shutterstock.com)
 家賃の交渉がしやすい物件は、人気度が低い物件だ。以下に具体的な条件をまとめる。

・空室期間が長く即入居できる
・最寄り駅から徒歩20分以上、バス利用要などで交通に不便
・築年数が古い
・車道の騒音が多かったり日当たりが悪かったりする
・3月や9月など移転が多い時期からズレている

 いずれも物件のネガティブな要素になるので、この条件を飲んでまで値引きしてもらうのかと覚悟を決める必要がある。

 また値引きの交渉をする場合は、いきなり家賃の値引きの話をするのではなく、①礼金→②フリーレント期間→③家賃の順で交渉するとよい。フリーレントというのは、無料で住める期間のこと。最初の半月や1か月はフリーレントをつけられないかと交渉してみよう。「今の賃貸物件を退去するまでの家賃二重払いを避けたくて」というと効果的だ。

賃貸物件の家賃って値引き交渉できるの?のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、家賃物件賃貸の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事