NEW
松村太郎「米国発ビジネス&ITレポート」

革命児テスラ、存亡の危機…マスクCEOのマリファナ事件、赤字膨張、自動車大手もEV本腰

【この記事のキーワード】

, ,

テスラCEOのイーロン・マスク氏(写真:ロイター/アフロ)

 ドイツの自動車大手、メルセデス・ベンツは「EQC」を披露した。SUV型の電気自動車で、約400kmの航続距離を実現する。このクルマの登場は、明確に先行する米テスラのSUV電気自動車「Model X」への対抗車種であると見て取れる。

 同じくドイツのBMWはすでに「i3」という完全電気自動車を販売しているが、やはりSUVの「X3」をベースとした電気自動車を用意しているといわれており、傘下のブランドMINIの電気自動車も2019年に生産することがアナウンスされている。

 これら電気自動車のラインアップは、ドイツ国内はもちろんのこと、自動車市場として巨大な米国、そして中国市場を意識したものだ。電気自動車、自動運転と、テクノロジーの強みを生かして展開するのが、シリコンバレーの企業テスラだ。しかしここ最近、テスラの雲行きは怪しくなる一方だ。

マリファナとウィスキーで番組出演するCEO


 テスラを率いるイーロン・マスク氏は米国時間9月6日、コメディアンのジョー・ローガン氏のトーク番組に出演した 。その番組内での行動は、驚きを集めるには十分だった。上場企業のトップがマリファナを吸い、ウィスキーを飲みながら饒舌に語る姿が配信されたからだ。

 カリフォルニアではすでに、趣向用のマリファナの所持や吸引も合法化されている。そのため、飲酒も含めて違法行為を行ったわけではない。ただ、マリファナはまだ合法化されていない国や米国の州もあり、その印象は悪い。米CNBCは、マリファナはテスラの行動規範を自ら犯していると批判している 。翌日のテスラ株は5%超えの下落というかたちで反応をした。

非上場化騒動も含めて、心配の声


 昨今のマスク氏の言動には危うさも募る。

 先月、Twitterで突然、テスラの非上場化と、その際の1株当たりの買い取り価格が420ドルになる旨を発表し、さらに資金のメドがあることを投稿したのだ 。

 エイプリルフールに「テスラ倒産」などをTwitterに投稿してきたこと、また買い取り価格として示された「420」という数字が、米国ではマリファナを示す隠語であることなどから、今回も冗談なのではないか、と半信半疑の向きもあった。

 ただし、非上場化の検討自体は実際に行われたようで、テスラの公式ブログでも同様の声明を発表している 。この発言によってテスラの株価が大きく上昇したことから、米国証券取引委員会(SEC)は調査の意向を示した。

 その後、株主からの反対も根強く、非上場化のプランを断念する声明が出された 。そのため、300ドルを超えていた株価は200ドル台中盤にまで落ち込む結果となった。

革命児テスラ、存亡の危機…マスクCEOのマリファナ事件、赤字膨張、自動車大手もEV本腰のページです。ビジネスジャーナルは、連載、BMWテスラメルセデス・ベンツの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事