NEW

知らないうちに難聴は進行している? 今日からできる「耳の不調」の改善策とは

【この記事のキーワード】

, ,

※画像はイメージ(新刊JPより)。

 相手の話していることが聞き取れないことがある。日頃からキーンという耳鳴りがする。そんな人は、聴力の衰えや難聴が始まっているかもしれません。

 2017年には、堂本剛さんが突発性難聴になったことを発表して話題に。また最近では、人気声優の明坂聡美さんが突発性難聴になり、役の降板と音楽活動の休止を余儀なくされました。

 耳の不調や難聴は、加齢によって起きるものと考えられがちです。ところが、実際に、年齢とは関係なく誰にでも起こり得る症状。意外に身近な耳の不調や難聴。一体、何に気をつければいいのでしょうか?

 これまで3万人以上の耳の不調を治療し、『』(学研プラス刊)の著者でもある今野清志氏は、「自律神経を整えること」が一番の改善方法だといいます。具体的にどうすればいいのか。本書から改善のためのポイントを紹介してみましょう。

■「耳の不調レベル」をチェックしよう

 難聴は知らず知らずのうちに進行していることが多いもの。そこで、まずは今の自分の耳の状態を知っておくことが大切です。 あなたは次のチェックリストにどれだけ当てはまっているでしょうか?

□ TVやラジオの音が大きいと言われることがある
□ アナウンサーの声やニュースは聞き取れるが、バラエティ番組の会話が聞き取れないことがある
□ 話し声が大きいとよく言われる
□ 後ろから声をかけられて気づかないことがある
□ 複数の人と会話でうまく聞き取れないことがある
□ 電話での会話は声が聞き取りにくい
□ ヘッドホン、イヤホンをよく使う
□ 雑音が多い場所で長時間過ごしている
□ よく耳鳴りがする

 当てはまるものが「0~2個」の人は、今のところ問題ありません。「3~4個」の人は、聴力が衰えているかもしれないので、生活習慣の見直しが必要かもしれません。そして、5個以上当てはまる人は、耳の健康が損なわれ、難聴が進行している可能性があるようです。意識的に対策を心掛けたほうがいいでしょう。

■耳の不調を改善する「生活習慣」のポイント

 人間の五感は、自律神経と深いかかわりがあります。自律神経は、心臓や消化器官の働き、血液の循環、呼吸や体温調節など、生命維持の司令塔。そんな自律神経には、緊張や興奮したときに働く「交感神経」と、リラックスした状態や睡眠に作用する「副交感神経」があります。

 耳は細やかな働きをして栄養を多く必要とする器官のひとつです。「二つの神経のバランスが崩れると、血流不足になって耳にもダメージが現れる」と今野さんは言います。

 自律神経を整えるには、不規則でストレス過多な生活を見直すことが必要です。特に慢性的に疲れやストレスを抱えている人は、意識してリラックスする時間をつくることが大切。また、暴飲暴食を控え、少しでも運動することを心掛けたいところです。

 しかし、生活習慣を変えるのはなかなか難しい、という人もいるのではないでしょうか。そんな人は、日頃から耳に入ってくる音を意識してみるといいかもしれません。

■「自然音」を聴いて自律神経を整える

 私たちが日常的に聞いている音は、大別すると「自然音」と「人工音」の二つがあります。

 自然音は、6000ヘルツ以上の周波数が高い音で「高周波」が多いといわれています。高周波は、音が響きあい、繊細でゆらぎのある脳にやさしい音。脳を活性化させて自律神経を整える働きがあるのです。

 一方、人工音は、周波数が低く大雑把で単調な音が多い、脳が不快に感じる音。それが脳にストレスを与え、音を聴き取る感覚を鈍らせるのです。

 最近は、自然音を長時間流している動画やCDもあるので、そういったものを活用するのもいいですし、実際に、休日を使って海や山など自然が感じられる場所に出かけるのもおすすめです。

 また、都心でも木々や噴水のある公園など、自然音に近い音を発している場所はあります。通勤通学中にイヤホンで音楽を聴くことをやめれば、鳥のさえずりや虫の声を聴くこともできます。試しに今日一日、どれだけ自然音を聴けるか耳を澄ましてみてはいかがでしょうか?
(ライター:大村 佑介)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

知らないうちに難聴は進行している? 今日からできる「耳の不調」の改善策とはのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、耳鼻科自律神経難聴の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事