NEW

未成年淫行報道のバナナマン日村勇紀、業界内で有名だった「アブノーマルな行為」

【この記事のキーワード】

, ,

「gettyimages」より

 21日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)は、お笑いタレントの日村勇紀バナナマン)が16年前、当時16歳の女性に淫行をはたらいていたと報じた。記事によれば、相手女性は日村とメールのやりとりを始めた当初は21歳だと伝えていたが、のちに日村はその女性から16歳だと明かされた後も、交際を続けていたという。日村を知る業界関係者は語る。

「16年前といえば、徐々にバナナマンが全国区のテレビ番組に出始め、お笑い界で頭角を現して認知度が上がり始めた頃ですが、その当時から、なぜか日村さんは女性にモテていました。あのルックスなので驚かれるかもしれませんが、ああいう体型というか風貌の男性を好きな女性は一定数いるようで、日村も基本的には女性に対して優しく気配りが利くので、虜になってしまう女性が多いのです」

 記事によれば、交際当時、日村は女性に対して「セクシーな写メ送ってよ」などと書かれたメールを送っていたほか、頻繁に体の関係を求めていたというが、日村を知る別の業界関係者は語る。

「以前、相方の設楽(統)がラジオ番組で、日村は潔癖症なのにもかかわらず、大きいほうの用を足す際、最後にあの部分がキレイになったかを確かめるために指で直接触るというエピソードを明かしていました。設楽がよくテレビなどでネタにするように、日村に少し変な嗜好があるのは事実です。自身でもたまに、女性とアブノーマルっぽい行為をやったなどと話して、周囲を笑わせているので、日村にそういう部分があるというのは業界では結構知られた話です。日村のなかで“お笑い芸人は破天荒じゃないけいけない”という考えがあり、わざとそういう武勇伝をつくろうと意識しているようにも感じます。いずれにしても、そうした変態チックな面も含めて、日村は同業者である芸人からもスタッフからも愛されるキャラです」

 日村といえば、多くのレギュラー番組を抱える超売れっ子タレントでもあるが、そこで気になるが今後の仕事への影響である。すでにNHKは24日放送予定だった『バナナマンの爆笑ドラゴン』の放送延期を発表しているが、キー局関係者は語る。

「もっともカギとなるのがスポンサーの意向ですが、今のところウチの局にはスポンサーから何か動きがあるという話は聞いていません。業界的には、『16年前の話を今さらほじくり返されて、しかも知り合った当初は相手から年齢をごまかされていたなんて、かわいそう』という感じで、日村に同情する声のほうが多いですね。タレントを起用する側としても、日村は安定感もあるし常に期待以上の成果を上げてくれる“ありがたい存在”。ああいう性格なので日村のことを悪く言う人もいないので、短い謹慎期間くらいはあっても、すぐ戻ってくるでしょう。大手である所属事務所もマスコミ各社に対して、今回の件を大きく扱わないように働きかけを行っているようなので、少なくても日村の芸能活動にとって致命傷になるようなことは、ないと思います」

 日村の動向が注目される。
(文=編集部)

未成年淫行報道のバナナマン日村勇紀、業界内で有名だった「アブノーマルな行為」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、バナナマン日村勇紀設楽統の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!