NEW

だんだんハズキルーペが欲しくなる…新CMが過去最高のカオスぶりで話題騒然

【この記事のキーワード】

, ,

「」より
 新しいCMが公開されるたびに、その“ぶっ飛んだ”内容が注目を集めるメガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」。9月20日からオンエアされている新CMも、視聴者の期待を裏切らないカオスな内容となっている。


 出演しているのは、3月の出産から同CMで仕事に復帰した女優・武井咲。舞台は高級クラブで、武井は艶やかな黒の着物を身にまとった“クラブのママ”を演じている。しかし、冒頭からいきなり「話題のハズキルーペをお店で売ります」と宣言。ホステスたちもうれしそうに歓声をあげ、なんともいえないカオス感が漂い始める。

 お店の常連客役として、小泉孝太郎が登場する。パソコン作業で目が疲れている小泉を見て、武井は「目がお疲れですか? ハズキルーペ、かけてみて」と心配しながらルーペを取り出す。ルーペをかけた小泉は良好な視界に驚き、「大きく見える!」「ブルーライトがカットされてる!」と大喜び。武井も、ネイルアートが施された爪を見せ「はっきりきれいに見えるし、長時間かけても目が楽なのよ」とノリノリの様子だ。

 続いて現れるのは、別のソファに座っていた舘ひろし。ワインのラベルをながめていた舘は、「これ、咲の生まれた年だね」とささやきながら武井にほほえみかける。その目元には、やはりハズキルーペがかけられている。ちなみに、舘は以前にも同CMに起用されており、再登場だ。

 ハズキルーペのCMといえば、女性の出演者が突然ルーペをお尻で踏んでしまうシーンがお約束だ。女性はあわてて立ち上がるが、ルーペは壊れておらず、驚異的な頑丈さが強調される。

 今作でも、その耐久力を証明するべく、武井を含む4人のホステスが順にルーペをお尻で踏んづけていくシーンがあった。ちなみに、前回までは“予期せぬハプニング”という位置付けだったが、今回はルーペが置かれたソファに女性たちが自ら腰掛けており、その開き直った展開が話題を呼んでいる。

 そして、無傷のルーペを見て「この強度、さすがメイド・イン・ジャパン!」というお決まりのセリフを小泉が叫ぶ。最後は、ルーペをかけた武井が「ハズキルーペ、大好き」とつぶやき、ウィンクで幕を閉じる。

 視聴者からは、「高級クラブがハズキルーペの販売を始めた時点で、ツッコミどころが満載すぎる」「舘ひろしが再登場したり、尻踏みシーンが4連続になったりしているところに総決算のような勢いを感じた」「なぜハズキルーペのCMはここまでカオスなのか」「見ていると、だんだんハズキルーペが欲しくなってくる」といった反響が相次いでいる。

 一方で、「武井咲、復帰作がこれ?」「そもそも20代に拡大鏡が必要なのか。クラブという設定も無理がある」「さすがに尻踏み4連発は下品すぎる」「大物が出ているわりに安っぽいし、ずっと怒鳴っていてイラッとする」という辛辣な意見もみられる。

 毎回、視聴者の期待を大きく超えてくるハズキルーペのCM。今後の展開にも期待したい。
(文=編集部)

だんだんハズキルーペが欲しくなる…新CMが過去最高のカオスぶりで話題騒然のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、CMハズキルーペ武井咲の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事