NEW
高杉康成「コンセプト・シナジーな経営戦略」

なぜスマートウォッチは売れないのか?「質」の重要性を認識できないビジネス界

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

 あなたはなんのために腕時計をはめているのでしょうか。おそらく「時刻を確認するため」と答えるでしょう。本当にそうなのでしょうか。時間を見るだけであればスマートフォン(スマホ)で見ることもできるでしょう。実際、ありとあらゆる場所で誰もがスマホを触っている光景を目にします。つまり、時間を見るためだけに腕時計をはめているという理屈だけでは、この問いは説明できません。

 では、なんのためにはめているのでしょうか。

 ひとつ考えられるのは、趣味・嗜好のアイテムとしての可能性です。顧客が製品に対して期待する価値は、個人の趣味・嗜好、感性、情緒などに由来する価値と、製品の機能が生み出す価値に分類されます。腕時計であれば、前者はかっこいい、●●のブランド、好きな色・デザインというような価値であるのに対して、後者は、厚さが薄い、重量が軽い、正確で狂わない、というような価値になります。

 スマホで時間を見ることができるのに、腕時計をはめるというのは、この趣味・嗜好型の価値を求めている可能性が高いのです。もちろん、時間を見るためにはめているという理由も考えられるでしょう。しかしながら、それが中心ではなくなってきているのです。実際、日本時計協会によると、2017年の国内の腕時計の販売台数は3370万個で、国内メーカー製が26%、輸入品が74%のシェアとなっています。国内メーカーの製品は極めて優秀で、機能的には世界に誇れる技術を持っています。にもかかわらず、26%しか売れていないということを見ると、もはや腕時計に求める価値は、正確さ、軽さというような機能的な価値だけではなくなってきているのが読み取れます。

 では、スマートウォッチはなんのためにはめるのでしょうか。これを考えるために、スマートウォッチについて整理してみましょう。

 現在、大部分のスマートウォッチは、体温、心拍数などの生体センサーを搭載し、スマホと連動させることでその数値をメールで確認することもできます。万歩計、活動量計などの機能もあるようです。大別すると、生体センサーによる測定機能と、スマホとの連動による機能、環境・活動量などを測定する機能に分類することができそうです。

スマートウォッチは「中途半端な製品」


 話を戻します。スマートウォッチはなんのためにはめるのでしょうか。時間を見るのであれば腕時計で済むでしょう。メールを見るのも、あれだけ小さい画面だと、お世辞にも見やすいとは言えません。歩数や活動量を知りたければ、万歩計でもある程度は見ることができるでしょう。

なぜスマートウォッチは売れないのか?「質」の重要性を認識できないビジネス界のページです。ビジネスジャーナルは、連載、IoTスマホスマートウォッチの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事