NEW

新婚の玉木宏と木南晴夏、早くもすれ違いか…木南の会見で異例の事前通達

木南晴夏(「ホリプロ公式サイト」より)

 今年6月に、「イケメン独身大物俳優最後の砦」ともいわれてきた玉木宏と結婚したことで、一躍注目を浴びた女優の木南晴夏

 木南は2001年「第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜」でグランプリを受賞し、大手芸能事務所のホリプロに所属して芸能界入り。

 同じ事務所の酒井彩名、あびる優とともにアイドルグループ「Licca」を結成したが、ブレイクはしなかった。地道に女優の仕事を積み、33歳となった現在は、隠れた名バイプレイヤー女優といった地位を築きつつあるが、結婚が発表された時には、玉木ファンを一斉に敵に回したかのようにも見えた。

 そんな木南と玉木だが、結婚を発表して以降、どうも双方の事務所関係がうまくいっていないらしいと、芸能関係者の間でもっぱらの噂になっている。テレビ局関係者は、双方の事務所の関係性を次のように説明する。

「玉木は、元ジャニーズの葵てるよしさんが社長を務めるアオイコーポレーションの筆頭タレントです。今は所属タレントが5人しかいない少数精鋭ですが、とても評判の良い事務所です。玉木自身はNHKの大河ドラマや連続テレビ小説(朝ドラ)の両方にメインキャストとして出演するなど、押しも押されもせぬ中堅俳優として確固たる地位を築きました。一方の木南が所属するホリプロは、一般人からの認知度も高い芸能界屈指の大手芸能事務所です。しかし、木南個人の世間的な認知度や人気は、玉木には遠く及びません。ただ、17年の芸歴はあるので、ホリプロとしても木南にプライドを持っているわけです」

 そんななか、木南が9月24日、結婚後初めて囲み取材に応じた。現場にいたテレビ局関係者は、ホリプロ側の言い分に違和感を覚えたという。

「基本的に、玉木や新婚生活についての質問はOKということでした。しかし、ホリプロ関係者は、『決して、木南が玉木さんのプライベートの広報みたいになってしまう質問はしないでください』と釘を刺したのです。夫婦で芸能人の場合、一方の人気が高く、もう一方が広報担当のようになるということは“ありがち”なのですが、ホリプロとしては、同じ役者として木南が玉木より格下と見えるようにはしたくないのでしょう。事務所側の意向はよくわかります。わかりやすく説明されると納得はしますが、逆にそこまで気を遣われている木南がちょっとみじめにも思えました」

 芸能人同士が結婚した場合に起きる事務所同士の“摩擦”は、ある意味で仕方がないことかもしれない。2人は結婚して新生活をスタートさせているにもかかわらず、互いに多忙極まりなく、前出の会見でも、木南自身「お互い忙しくて、お休みが全然合わない」とボヤいていた。

「結婚式も新婚旅行も未定で、あの口ぶりだと仕事が次々に入ってきて、来年の予定も立っていない状態のようです。玉木は事務所の稼ぎ頭ということもあって、なかなか難しいのでしょう。木南があんなに寂しそうにしているのに、結婚を機に仕事をもう少しセーブしてあげるといった調整をしないホリプロは、なかなか厳しいなというのが正直な感想です」(前出・テレビ局関係者)

 新婚ホヤホヤのこの時期からこの調子では、先が思いやられる。
(文=編集部)

新婚の玉木宏と木南晴夏、早くもすれ違いか…木南の会見で異例の事前通達のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アオイコーポレーションホリプロ木南晴夏玉木宏の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事