NEW

リサーチとデータ分析を無駄にしないための7つのステップ

【この記事のキーワード】

, ,

※画像:(すばる舎刊)

 今や、ビジネスを進めるためにマーケティングリサーチとデータの分析は必要不可欠だ。「顧客データ」や「売上データ」は企業にとっての「財産」ともいえる存在であり、そのデータをいかに料理するか(分析するか)によって企業の方向性にも影響を及ぼすことになる。

 しかし、現場から聞こえてくるのは次のような悲鳴だ。

「業務上必要になり、データ分析を始めなければいけないのだが、何をどのように始めたらよいか分からない」
「ただただデータが集まり、お客様の顔がどんどん分からなくなっている」
「とりあえずデータを集めて分析したはいいが、結局何にも使われていない」

 こうした声があがる理由としては、需要の高まりに対して、データの扱い方のインプットや体系的なトレーニングを受ける機会が少ない点があげられるだろう。

 そこで読んでおきたいのが、マーケティングリサーチを専門に行う株式会社マクロミル 上席執行役員の中野崇氏が執筆した『マーケティングリサーチとデータ分析の基本』(すばる舎刊)である。

 中野氏は2005年にマクロミルへ入社後、社初の中国進出に参画。2013年に日本へ帰任し、事業戦略本部長やマーケティング部門の立ち上げ、広報室長などを経てエグゼクティブマネジャーに就任。社会情報大学院大学の客員教授として、リサーチ・データ分析の講義を受け持っている。

なぜ日々のビジネスにリサーチが必要なのか?

 本書はリサーチやデータ分析の教科書的な一冊で、初めてリサーチとデータ分析の業務につく人間でも、実務レベルで使いこなせるようにシンプルにまとめられている。

 しかし、そもそも一体なぜリサーチとデータ分析が必要なのか?

 その大きな理由の一つは、世の中に多様な価値観が存在できる土壌ができているという点だ。スマートデバイスやSNSの普及によって、膨大な新しいコンテンツが世の中に溢れている。訪日外国人の数も年々増えており、彼らの多様な考えやファッションに触れる機会も増えた。その結果、人々は必ずしもみな同じものを選ばなくなっており、ニーズを塊で捉えることが非常に難しくなっている。つまり、自分の経験や直感だけで判断することが危険になっているということだ。

 もう一つは、得られるデータが以前よりも大幅に増えたという点である。私たちの1日の生活の大まかな流れがデータを通して可視化されるようになった。そこには、これまで見落としていた思わぬ発見もあるだろう。それらをリサーチして分析し、企業のビジネス上の課題の解決に用いるのである。

 ここで一度まとめよう。日々のビジネスでリサーチを活用することは以下のような意義がある。

・勘や経験ではなく、客観的な情報や数値で判断できる
・他者の経験から学ぶ、多面的な視点で物事を見ることができる
・思いがけない発見がある
(『マーケティングリサーチとデータ分析の基本』p.22より引用)

 客観的な情報や数字を活用して課題を明確にし、ビジネスの意思決定につなげる。これが現代のビジネスを成功させるために必要な要素なのだ。

ビジネスにデータ分析を活かすための7つのステップ

 しかし、いくらリサーチをしてデータ分析をしたとしても、それが徒労に終わってしまうことも実は少なくない。「とりあえず分析すればよい」というものではなく、意思決定者がその分析結果を活用しなければ意味がないのだ。

リサーチとデータ分析を無駄にしないための7つのステップのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、マクロミルマーケティングリサーチの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事