NEW

『中学聖日記』女教師・有村架純に日本中の男子中学生が悶絶か…今年一番ヤバいドラマ

【この記事のキーワード】

, ,

 改めて調べてみると、もう約20年も前のドラマだったことに驚くが、最終回はなんと平均視聴率29.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)というとんでもない数字を記録していたことに、さらに驚く。教師役は松嶋菜々子、高校生の生徒役は先日芸能界引退を発表したジャニーズの滝沢秀明が演じたが、当時は確かに私の周囲の女子たちのなかでも結構話題になっていた記憶がある。私はあまり興味がわかず熱心には見ていなかったのだが、というより、松嶋と滝沢が恋に落ちるという設定自体に「無理があり過ぎ」という印象で、まったく感情移入できなかったのだが、これだけ高視聴率をマークしていたということは、多くの人の胸に刺さったのは間違いなさそうだ(内容的には、松嶋演じる先生が逮捕されたり、滝沢の母親役の黒木瞳がやけに松嶋を攻撃しまくったりと、センセーショナルだったイメージがあるが……)。

 また、男女逆で男性教師と女子生徒の恋愛ドラマといえば、これまた大ヒットして社会現象にもなった『高校教師』(同)が挙げられるが(ちなみに最終回の視聴率は33%)、放送当時(なんと今から25年前=四半世紀前!)は大人も子どもも画面にかじりついて見ていたような印象が残っている。

 で、今回の『中学聖日記』なのだが、『魔女の条件』や『高校教師』ほど“衝撃っぷり”が強くなく、若干の単調さは否めないが、ドラマとしては特段に欠点も見当たらないし、普通に今後の展開が気になるので、「次回も見ちゃうんだろうなあ」というのが正直な感想だ。あとは、ハラハラドキドキ感が最後まで維持できるかが、視聴率のカギを握っているだろう。

 あえて懸念点を挙げるとするならば、やけに思わせぶりな表情やセリフで男子生徒たちを惑わす有村の演技に、女性視聴者が反発を抱いてしまわないかという点だろう。こんなに若くてカワイイ女性教師がもし本当にクラス担任として眼の前に現れれば、男子生徒にとっては“かなりヤバイ”部類だろうし、学生のみならず大人の男性でも“女性教師・有村架純”見たさに毎週チェックする人は多いだろう(それにしても、日本中の男子中学生が悶絶してしまわないか本当に心配だ)。ただ、女性はあまり聖のようなタイプは好みではないだろうから、拒否反応を起こしてしまわないかという点も、視聴率を左右する要素だろう(それにしても、夏川結衣、老けたな……。一瞬、『はるな愛?』と勘違いしてしまったくらいだ)。

 いずれにしても、このドラマは、「鉄板モノの“教師と生徒の禁断の恋物語”」「思わせぶりなフェロモン全開の有村架純(と吉田羊)」「ハラハラドキドキを予感させる展開」という要素が揃っているだけに、“今年一番ヤバいドラマ”に化ける可能性を感じる。高視聴率に期待したい。
(文=米倉奈津子/ライター)

『中学聖日記』女教師・有村架純に日本中の男子中学生が悶絶か…今年一番ヤバいドラマのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、中学聖日記教師有村架純の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!