NEW

ライトオン、客数減で閉店ラッシュ…1980円で高品質なジーンズのユニクロ等に客流出

【この記事のキーワード】

, , ,

ライトオン本社(「Wikipedia」より)

 ライトオンの業績が深刻だ。10月2日発表の2018年8月期連結決算は、売上高が767億円だった。同期から連結決算に移行したため単純比較はできないが、単独決算だった前期に比べ4%減った。純損益は4億円の黒字(前期は44億円の赤字)だった。

 主力のカジュアル衣料品店「ライトオン」の店舗数が1年で18店純減し495店にまで減ったほか、既存店売上高が前期比5.2%減と苦戦したことが影響した。純損益は赤字から黒字に転換したが、閉店店舗と収益性が低下した店舗について3億円超の減損損失を計上したため、低水準にとどまった。

 ライトオンは、客離れが止まらない状況にある。既存店客数は18年8月期が8.9%減、17年8月期が8.3%減と、2年連続で前年を大きく下回った。同社は18年8月期の客数減に関して、天候不順の影響で秋物商品の販売が苦戦したことや、ゴールデンウィークで集客に失敗したことを理由として挙げ、17年8月期は前年の売れ筋商品を踏襲した新鮮味に欠ける品ぞろえになったことやトレンド商品の品ぞろえが不十分だったことを挙げている。

 もっとも、客離れはライトオンに限らずジーンズを売りにしているカジュアル衣料品店の多くで起きている。たとえば、マックハウスは18年2月期の売上高が308億円だったが、10年前と比べ5割近く減っている。最終損益は2億円の赤字に陥った。ジーンズメイトも苦戦している。18年3月期まで10期連続(18年3月期以外はすべて2月期決算)で最終赤字を計上している。売上高は減少が続き、18年3月期は変則決算のため除外するが、17年2月期は91億円で10年前と比べ6割減った。

低価格ジーンズの台頭で従来のジーンズが苦戦

 若者を中心とした「ジーンズ離れ」が叫ばれて久しい。日本ジーンズ協議会によると、ジーンズなどボトムスの国内生産本数は12年が4650万本と10年前と比べ34%減ったという。13年以降については公表されていないが、良くて横ばいというのが大方の見方だ。

 ボトムスの生産本数が減ったのは、ユニクロや無印良品など低価格のカジュアル衣料品店が台頭したことが大きい。ライトオンが扱うリーバイスやエドウィンなどのブランドジーンズはどれも高額で、1万円を超えるものも少なくない。一方、たとえばユニクロは1990円、2990円、3990円という圧倒的な低価格でジーンズを販売している。両者の価格差は歴然としている。

ライトオン、客数減で閉店ラッシュ…1980円で高品質なジーンズのユニクロ等に客流出のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、イオンジーユージーンズメイトライトオンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事