NEW

母の介護で泥沼だった私が、母を施設に入れて見つけた「介護はプロに任せる」という答え

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

 二十数年前、俳優の北大路欣也がバッシングを受けたことがある。高齢の両親を千葉・館山にある施設に入所させたことが心ない行為といわれたのだ。確執のあった姉の一方的な意見が独り歩きしてしまったようだが、「お金があるのだから、人を雇えば自宅介護もできるのではないか」みたいな意見もあり、世論的には、往年の大スターだった父・市川歌右衛門を姥捨て山のように捨てたという見方が少なくなかったと記憶している。

 当時はまだ、介護を強いられる家族がどんなに大変であるか、一般的にはあまり知られておらず、親や配偶者の世話は家族が愛情を持って行うのが当然という認識が強かった。近年は大介護時代を迎え、施設に入所させることに世間的には抵抗がなくなってきている。しかし、家族にとって心理的ハードルはまだそんなに低くはない。

「施設=見捨てる」という罪悪感に苛まれる家族


「おかあさんを施設に入れたほうがいいんじゃないですか」

 私は、母のかかりつけの医師から助言を受けた。

「僕は大好きな叔母が壊れていくのを見ている。だから、施設には早めに入れたほうがいいと思っています。特別養護老人ホームは待機者が多いので、申し込みだけでもしたほうがいいですよ」

 そう言われても、申し込みをする決心がつかなかった。施設はどうしようもなくなったときの最後の砦だと思っていたからだ。

 私の母は父のDVによる後遺症がひどく、心療内科医から人格障害という診断を受けるほど性格がゆがみ、情緒不安定、被害妄想などのため、娘としては相当苦労した。だから、決して「大好きな母のための恩返し」と思って介護をしていたわけではない。そんな私でも、施設に入れることは、親を見捨てるような抵抗感があり、申し込みを決心するまでに2年かかった。

 被害妄想がさらにひどくなっていった母は、家族を悪者にして吹聴するようになっていた。その事実に衝撃を受け、胸をえぐられながらも、その母の介護は待ったなしに私にのしかかる。そんな泥沼から抜け出すための保証がほしい。藁にもすがる思いで、私は入所申込書を書くことにしたのだった。

 その2年後、母の入所が決まった。そのときの私は不思議にもうれしいどころか、「えっ、どうしよう」と当惑した。いざ施設入所が現実になると、にわかに母を見捨てるような罪悪感が襲ってきたのだ。とはいうものの、少し落ち着くと、やはり順番がまわってきたことはありがたかった。

 施設への引っ越しを終え、私が帰ろうとすると、「私も帰る」と母が言い出した。「私はいつまでここに居ればいいの?」と聞く。私は罪悪感でいっぱいになりながらも、「また、すぐ来るから」とごまかして母のもとをあとにする。その後も3カ月間くらいは、母のところに行くたびに、「私も帰る」と訴えられた。

母の介護で泥沼だった私が、母を施設に入れて見つけた「介護はプロに任せる」という答えのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、デイサービス介護特別養護老人ホームの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事