NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

疲れやすい、集中力がない…副腎疲労の可能性、コンビニ食主体で悪化の恐れ

「Getty Images」より

 本連載前回記事では、塩を摂ることの重要性について書きましたが、今回はその続編のような内容です。

 体内の塩分調整をしている臓器としては、まずは腎臓を思い浮かべますが、もうひとつ重要な臓器があります。それは「副腎」です。

 副腎は、重さでいうと、わずか5グラム程度しかない小さな臓器で、腎臓の上部前方にあります。腎臓は左右にひとつずつありますから、副腎もまた、私たちの体には2つあります。副腎皮質と副腎髄質という部分に分かれていて、それぞれ働きが違います。しかし、どちらもホルモンを分泌するので、いわゆる内分泌器官という部類に入ります。

 実は今、この副腎にダメージを受けている人がとても増えてきています。いわゆる「副腎疲労」です。「アドレナル・ファティーグ」ともいわれます。

 筆者はずいぶん前からこの副腎疲労に関心を持ち、講座の中でも取り上げて、そうならないように警鐘を鳴らしてきましたが、その声が届いたのはごく一部の方にのみでした。その間にも副腎疲労に陥る人の数は増え、今やもう看過できないところまで来ています。これからも増え続けると思われます。

 副腎疲労が起き、それが慢性化していく原因は食生活にあります。食生活を改善しない限り、副腎疲労は良くなりません。

 では、副腎疲労とはいったい、どういうものなのでしょうか。すでに1990年代にアメリカのジェームズ・L・ウイルソン医師によって提唱されていましたが、同氏の著書『アドレナル・ファティーグ』によると症状としては、「疲れやすい」「朝起きられない」「寝ても疲れがとれない」「塩からいものが欲しくなる」「性欲低下」「ストレスに対処できない」「病気やけが治るのが遅い」「立ちくらみ」「うつ」「何をしても楽しくない」「食事を抜くと悪化する」「PMS(月経前症候群)の悪化」「我慢ができなくなった」「集中力がない」「記憶力が落ちる」と、多岐にわたります。

疲れやすい、集中力がない…副腎疲労の可能性、コンビニ食主体で悪化の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、連載、アドレナル・ファティーグストレス副腎副腎疲労の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事