NEW

ルネサス、有利子負債が9千億円に膨張…総額1兆円買収に懸念広がる

ルネサスエレクトロニクス・呉文精社長(写真:ロイター/アフロ)

“日の丸半導体”が攻めに転じた。自動車用半導体大手、ルネサスエレクトロニクスは9月11日、米国のインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を約67億ドル(約7330億円)で買収すると発表した。日本の半導体メーカーのM&A(合併・買収)では過去最高額だ。

「一緒になれば、自動車やIoT(モノのインターネット)の領域を、さらに拡大できる」

 同日開いた記者会見で、呉文精社長は買収の狙いをこう説明した。ルネサスは自動車用半導体全体では世界第3位だが、マイコンと呼ばれる制御用の半導体に限ればトップシェアを誇る。データセンターで使われる通信用半導体に強いIDTの買収で、自動運転の分野で優位に立てると考えている。

「(自動車の)ADAS分野は誰にも渡さない。絶対に1位を獲る」と、呉氏は宣言した。ADASとは、自動ブレーキや車線認識といった、センサーなどを使ってドライバーの安全運転を支援する仕組みのことだ。

 ルネサスの直近の買収は2017年2月。アナログ半導体の米インターシル(現ルネサスエレクトロニクスアメリカ)を3219億円で買収した。今回のIDTと合わせると買収総額は1兆円を超える。

 7330億円の買収資金のうち6790億円を三菱UFJ銀行やみずほ銀行から借り入れる。残りの540億円は手元資金で賄う。

 有利子負債は18年6月時点の2313億円から一気に3.9倍の9103億円に膨張する。自己資本比率は同52%から単純計算で30%前後まで悪化する。買収総額が買収先企業のキャッシュフローの何年分にあたるかを示す「EV/EBITDA倍率」は25倍前後。世界の半導体メーカーの平均が10%台だから、アナリストからは「割高だ」との声が上がる。

 呉氏は「割高」を承知のうえで買収に踏み切ったという。17年にインターシルを買収した効果が出ており、“現金創出力”は高まった。「毎年2000億円くらい借り入れを返していける」と自信を見せる。

 計画通りにいけば、6790億円の銀行借り入れは3年半ほどで返済できる計算になる。だが、想定通りに稼げなければ、借金の返済が遅れ利益を圧迫する。

ルネサス、有利子負債が9千億円に膨張…総額1兆円買収に懸念広がるのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、トヨタ自動車ルネサスエレクトロニクス日産自動車産業革新機構の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事