NEW

短時間睡眠、脳の機能に悪影響…アルツハイマー型認知症リスクが高まる恐れ

佐藤誠教授

 日本は世界でも有数の“睡眠不足大国”として知られているが、個人差はあるものの、多くの人にとっては6~8時間程度眠ることが最適だということがわかっている。

「自分はショートスリーパーだから、短い睡眠で大丈夫」というのは無理があるという。本当に睡眠時間が5時間未満のショートスリーパーだと判明するのは、100人中1人いるかいないかだとされている。

「人はなぜ眠るのか?」と考えることはないだろうか。よくよく考えてみたら、毎日眠らないと生きていけないというのは不思議なことかもしれない。しかし、最新の研究をもってしても、人がなぜ眠らなければならないのかは、よくわかっていない。

 眠りについて少しおさらいをすると、睡眠には「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」という2つのタイプがある。寝るとまず「ノンレム睡眠」が、続いて「レム睡眠」が出現して、だいたい90~120分おきに交互に繰り返しているとされている。

 ノンレム睡眠は、体と脳の両方が休息している睡眠で眠りの深さにより3段階に分かれている。目が覚めやすい浅いノンレム睡眠を経て、深いノンレム睡眠である「深睡眠(徐波睡眠)」に至るのに、約30分を要する。一方のレム睡眠は、全身の筋肉は弛緩しているが、大脳は活発に活動している状態。レム睡眠のときには、明瞭な夢を見ていることが多い。

 ヒトの睡眠について、どこまでわかっていて、どこからがまだ解明されていないのか。筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)の佐藤誠教授に話を聞いた。

「認知症予防」のカギは「深睡眠」?

――なぜ人は眠るのか?

佐藤教授 睡眠中に脳内の老廃物が排出されるなど、いくつかの機能は判明してきたが、よくわかっていないことがたくさんある。

 眠りの目的としてよく言われるのは「脳の休息」だが、実は眠っている間も脳は大半の時間、エネルギー消費量を落とすことなく活発に働いている。現在のところわかっているのは、記憶の整理と定着、脳に溜まった老廃物の排出などが行われているということだ。

 脳の毛細血管はほかの血管と大きく異なって密着性が強いため、動脈で搬送されても脳内へ入ることができない物質も多く、逆に血液中に流出することが阻止されている脳内産生物質も多い。このシステムを血液脳関門という。

 アルツハイマー型認知症の原因のひとつとされているアミロイドベータというたんぱく質(老廃物)は、血液脳関門を通過できない。そのためアミロイドベータは、排出されないと脳内に少しずつ蓄積していき、およそ20年という長い時間をかけてアルツハイマー型認知症を発症するとされる。

 特に老廃物の排出は大切で、このアミロイドベータが、睡眠中に脳脊髄液中に排出されることが近年明らかになった。

 脳を健康な状態に保つために睡眠は不可欠といえるが、しかしこれだけでは、「なぜ睡眠が必要か?」という理由として十分ではないといえる。「なぜ人は眠るのか」という遠大なテーマの解明は、今後の研究に委ねられる。

短時間睡眠、脳の機能に悪影響…アルツハイマー型認知症リスクが高まる恐れのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、アルツハイマー型認知症ショートスリーパーノンレム睡眠睡眠時間の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事