NEW

無印良品なのに買ってはいけない商品リスト5…とにかく微妙、美味しくない

【この記事のキーワード】

, ,

素材を生かしたシチリアレモンのクリーミーチキンカレー(「」より)

 無印良品が、実は大手スーパーマーケットチェーン・西友のプライベートブランドが前身だったということを、ご存知ない方も少なくないだろう。

 ブランド性を持たせないことで価格を抑えたい、という意味を込めて「無印良品」と名付けられたそうだが、シンプルながらスタイリッシュな商品も多い現在の無印良品を見ると、西友から生まれたとは想像もつかないかもしれない。

 無印良品を運営する良品計画が設立されたのは1989年。今や老若男女から支持されている人気ぶりは業績にも表れており、2018年2月期の営業収益は、前期比の13.9%増となる3795億円を記録。15期連続増収と絶好調なのである。現在では国内外合わせて928店舗(18年2月期の時点)を有する世界的なブランドにまで成長しているのだ。

 ちなみに、多彩な商品展開をする無印良品のなかでも、特に品質と製法へのこだわりが顕著に表れているのが食品であり、どれも評価の高いものばかり。

 しかし、こだわりすぎたがゆえに割高になってしまっているものや、一般ウケしづらくなっているものも、なかには存在しているのも事実。そこで今回、編集部では、700点以上販売されている食品メニューをリサーチし、無印良品の買ってはいけない食品を独断で選ばせてもらった。

「素材を生かした シチリアレモンのクリーミーチキンカレー 180g(1人前)」/350円(税込、以下同)


 無印良品のレトルトカレーは、本格的な味が好評を博す大人気商品。しかし、本格的ゆえに、クセが強く好き嫌いの分かれやすいものもなかには存在している。

 たとえば、こちらの「シチリアレモンのクリーミーチキンカレー」。非常にマイルドな口当たりで、爽やかなレモンの香りがとても心地よい。ただ、美味しいといえば美味しいのだが、正直なところ、カレーっぽさがあるシチューといった印象だ。

 もちろん、この味が好みだという方は大勢いるだろう。しかし、辛さもほとんどないうえ、カレーとしては異質なレモンの香りが強いこともあって、一般的なカレーらしさを期待する方には、あまりオススメできない。

「自分でつくる 組み立てる ヘクセンハウス」/1490円


「ヘクセンハウス」というのは、クッキーやゼリーを材料にして作られたお菓子の家のこと。クリスマスの時期ともなると、さまざまなメーカーから発売される商品なので、子どもがいるご家庭であれば、一度は購入してみようかなと思ったことがあるかもしれない。

無印良品なのに買ってはいけない商品リスト5…とにかく微妙、美味しくないのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、天然水無印良品西友の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事