NEW

カロリーゼロの人工甘味料、過剰摂取で視野狭窄や多動症、感覚麻痺のリスク

「Getty Images」より

「五感を研ぎすませる」という言葉通り、人は、目、耳、舌、鼻、皮膚を通して生じる5つの感覚を鋭敏にすることにより、さまざまな困難に打ち克ってきました。しかし、私たちの身の回りには、これら大切な“五感”を狂わす食品が氾濫しています。その代表的なものが化学調味料です。

 一時、家庭から卓上の化学調味料の姿はあまり見かけなくなっていましたが、最近はまた復活してきているようです。スーパーマーケット、コンビニエンスストアでも各種の卓上化学調味料が棚に並んでいます。

 卓上化学調味料の成分は、「グルタミン酸ナトリウム97.5%、リボヌクレオチドナトリウム2.5%配合」となっています。さまざまな加工食品に使用されている化学調味料は、「調味料(アミノ酸)」「調味料(アミノ酸等)」「調味料(核酸)」などと表示されています。

 2002年に弘前大学医学部の研究グループが、「卓上化学調味料(商品名:味の素)をたくさん摂取したラットほど緑内障になった」との動物実験の報告を発表しました。化学調味料(主成分:グルタミン酸ナトリウム)による五感への悪影響は、目だけではありません。

 06年に米国立医学図書館と米国立衛生研究所が運営する健康情報サイトは、グルタミン酸ナトリウムを「偏頭痛を起こす物質」として紹介しています。また、17年7月に国立医薬品食品衛生研究所は、グルタミン酸ナトリウムに神経発達毒性があることを明らかにしました。

 このように、化学調味料は五感を狂わす典型的な食品添加物で、東南アジアでは野犬狩りに化学調味料を使っていたとも伝えられています。化学調味料を大量に入れた肉を食べた野犬は脳神経細胞が断線、頭をやられフラフラッとしてしまいます。そこを捕獲するわけです。日本でも新宿・歌舞伎町のバーで客に化学調味料入りウイスキーを飲ませ酩酊させ、法外な料金をボッタくっていた暴力バーが何店も摘発されたことがあります。家庭に卓上化学調味料を置けば、ついつい使いすぎてしまう危険があります。化学調味料は絶対に家庭には置かないようにすべきです。

カロリーゼロの人工甘味料、過剰摂取で視野狭窄や多動症、感覚麻痺のリスクのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、カロリーゼロコンビニ弁当人工甘味料化学調味料の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事