NEW

エリザベス女王杯、“絶対王者”アーモンドアイ出走回避で大混戦…馬券購入前に見るべき情報

エリザベス女王杯は大混戦!

 秋華賞を制し、今年の3歳牝馬クラシックで3冠を達成したアーモンドアイ。注目を浴びた同馬の次走が、ではなくジャパンカップに決定した。

 仮にエリザベス女王杯に出走していれば断然の1番人気、そして確勝ムードが漂っていただけに、この決断はほかの陣営からすれば、かなりの朗報といえるだろう。何せ鞍上のクリストフ・ルメールをもってして、「競走馬に必要なものはすべて持っている。抜け出すときの脚はレイデオロよりも速い」と言わしめたほどの逸材。エリザベス女王杯を回避し、世界の強豪に挑戦することを選んだ同馬と陣営にエールを送りたい。

 それはさておき、まずは今週末のエリザベス女王杯に目を向けたい。このレースは、かつて11番人気と12番人気で決着して馬連10万馬券が飛び出すなど、非常に波乱含みのG1レース。3歳牝馬と古馬牝馬が激突するだけに、その難解さは秋のG1レースにおいてトップクラスといえよう。それは、1番人気が6連敗中で、過去20年でもわずか4勝という成績からも想像できる。また過去10年で、外国人ジョッキーが4勝と結果を出しているレースでもある。

 今年はルメールをはじめ、ミルコ・デムーロ、ジョアン・モレイラ、クリスチャン・デムーロと4人のジョッキーが騎乗予定だが、果たしてこの4人が乗る馬の力関係はどうなのだろうか。一方、外国人ジョッキーたちに、いいようにやられている日本人ジョッキーも情けない。このエリザベス女王杯で、その傾向を覆すような渾身の騎乗を見せてもらいたいところである。

 もちろん競馬ファンとしても、配当妙味抜群のこのレースを的中させ、財布を一気に分厚くしたいところだ。あるいは、日本中央競馬会(JRA)に“預けている”馬券の不的中分を一気に取り返すチャンスともいえよう。それだけの可能性が、このエリザベス女王杯には秘められているのだ。

 そこで、このエリザベス女王杯を的中すべく、この秋のG1レースで衝撃的な結果を出している「ホースメン会議」に注目したい。このホースメン会議は、本当に別格だ。まずは、7番人気のフィエールマンがアッと驚く勝利を見せた菊花賞。多くのマスコミは同馬を無印としていたが、結果は低人気を覆す快勝。ホースメン会議は独占入手に成功した“激走情報”によって、同馬を本命に指名。そしてさせたのである。

 また、1番人気のスワーヴリチャードが敗退し波乱のレースとなった天皇賞を、予告通りのわずか3点で的中させたというのも驚異的だ。ホースメン会議の10月成績を見てみると、G 1レースと重賞レースを合わせて10戦9勝・的中率90%という好成績を記録。その実績も実力も、すべてのマスコミなどと比較してダントツではないだろうか。

 そもそもホースメン会議は、が、

「競馬ファンに確かな情報と当たる予想を届けたい」

との思いのもとに設立し、今年で創業37年を迎える老舗中の老舗。これほどまでに長く競馬予想業を続けていられるのは、コンスタントに結果を出し、会員の支持を得ているからだろう。

 大川氏亡き今は、大川氏の後継者として指名された、テレビやラジオ解説でお馴染みの【能勢俊介】が総監督を務めている。また、日刊スポーツの本紙予想を25年にわたって務めた【堀内泰夫】や、大阪スポーツ本紙歴37年の【米原聡】といった東西ツートップは、競馬マスコミ界でも最高の人材。関係者が「今後この人たちのキャリアを超える人間は出てこないだろう」と語るほどだ。さらに、記者だけでなく、有馬記念や皐月賞、菊花賞を制した元JRA騎手【東信二】といった元関係者も多数在籍している。

 彼らが自身の競馬人脈を使って得る関係者情報は、まさに他の追随を許さないもの。ホースメン会議は、最強の布陣で毎週末の競馬に挑んでいるのである。

ホースメン会議に最強のスタッフが集結

 そのホースメン会議が、今週末に行われるエリザベス女王杯に対し、破格の自信を見せている。

「全スタッフで何度も協議しましたが、満場一致で勝負レースに決定しました。しかも馬連3点で的中が見込め、その推定配当は馬連2点目で2380円を的中させた菊花賞以上とのこと。当社スタッフも会員の皆様もボルテージは上がりっぱなし。早く週末が来てほしいと興奮を隠せません」(ホースメン会議スタッフ)

 エリザベス女王杯の馬券を購入する予定の競馬ファンにとって、これは絶対に手に入れたい情報といえるだろう。そこで情報公開を交渉したところ、ホースメン会議からの提案により、本記事読者限定の

が決定した。この鉄板というのは、「レースが当たるのは鉄ほどに固い」という意味の競馬用語で、競馬関係者が自信のある時に使う言葉だ。言葉に責任を持つものは、むやみやたらに鉄板という言葉は使わない。ここでその一言が飛び出したということは、ホースメン会議はかなりの自信があるといっていいだろう。

 彼らの実力は10万馬券を的中させた菊花賞や、わずかで証明されたばかり。そのホースメン会議が「鉄板」と断言するこのエリザベス女王杯の無料情報。競馬ファンでも、これから競馬を始めようと検討している人も、入手しておいて絶対に損はない。

 しかも、仮にエリザベス女王杯が不的中だった場合、有馬記念当日の12月23日まで、ホースメン会議予想陣が【1日1鞍の渾身予想】を無料で公開するという。これこそホースメン会議がエリザベス女王杯の的中に並々ならぬ手応えを掴んでいる証拠といえよう。これほどの価値がある無料情報。絶対に見逃してはならない。
(文=編集部)

CLICK → 

※本稿はPR記事です。

エリザベス女王杯、“絶対王者”アーモンドアイ出走回避で大混戦…馬券購入前に見るべき情報のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、エリザベス女王杯クリストフ・ルメールジャパンカップミルコ・デムーロの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事