NEW

EDに画期的治療が始まる…根幹から再生、肌のしわ・たるみの修復医療を応用

【この記事のキーワード】

, , ,

「Getty Images」より

 男性の深刻な悩みといえば、ED(勃起不全)やAGA(男性型脱毛症)が挙げられる。睡眠を見直したり、食生活を変えたりと、生活習慣の改善に気を配っている人は多いだろう。しかし、生活習慣の見直しだけでED、AGAを本当に改善できるかというと、実のところは難しい。努力によっては効果が見込めることもあるが、重症の場合は、それだけでは追いつかないのが現実だ。

 日本泌尿器科学会専門医で、銀座ソラリアクリニックの特別顧問を務める古賀祥嗣医師に話を聞いた。

従来のED・AGA治療は万人に効果が見られるわけではない

「生活習慣の見直しと前後して、みなさんが検討するのは治療薬でしょう。ED治療薬を例にすると、効果は世界中の論文でその有用性が発表されていて、使用したED患者の70〜90%に効果が認められるとされていますが、実は治療薬はすべての人が使えるものではないのです」(古賀医師)

 基本的に、狭心症や心筋梗塞の薬を服用している人は、使用不可。いずれも血圧を下げる作用があって、一緒に飲むと危険だからと古賀医師は言葉を続ける。

「さらに、ED治療薬が誰にでも効くかというと、残念ながら全員に、というわけにはいきません。10〜30%のED患者には、効果が見られないこともあります」(同)

 そもそも薬剤は、投与し続けることが果たして本当にいいのか、という疑問も残る。現在、日本で使用可能なED治療薬は、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類ある。これらは効果、改善が期待される一方、めまい、顔のほてり、頭痛などの副作用も懸念されるという。

「いずれにしても、副作用が出た場合は、どんなに軽度であっても、かかりつけの医師に相談したほうがいいでしょう。万人に効果があるわけではないことと、副作用に注意しなければならないという点では、AGA治療薬でも同じことがいえます」(同)

薬で効果が出ない人は、テストステロンの補充を

「生活習慣の改善がED、AGA打開の決定打にならず、治療薬も効果が見られないという場合は、治療薬と男性ホルモン(テストステロン)補充療法を併用することで、改善が見られるケースもあります。テストステロンは<男らしさ>を司るホルモンで、男性としての性的な魅力をアップし、<男の自信>に不可欠です。生殖機能に直結するホルモンのため、分泌が減少すれば、精力減退や勃起機能の低下を招くことは言うまでもありません。逆に、テストステロンが多ければ、ED、AGAになることは少ないと考えられます。そのため、テストステロンを外部からの投与で補充し、同時に治療薬を飲むことで、重度の症状も改善される可能性が高いのです」(同)

 ここまでは、一般的なメンズクリニックでよく試される治療方法だ。さらに新たな選択肢となるのが、古賀医師が取り組む幹細胞上清療法「SGF」によるED、AGA治療だ。

EDに画期的治療が始まる…根幹から再生、肌のしわ・たるみの修復医療を応用のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、AGAED心筋梗塞脳梗塞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!