NEW

ヤラセ疑惑の日テレ『イッテQ!』、『電波少年』元スタッフ陣が参加か…過剰な“脚色”も

日本テレビタワー(「」より/FlickreviewR 2)

 8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“ヤラセ”疑惑を報じた件について、日テレが見解を発表した。

 ヤラセの疑惑が浮上しているのは、お笑い芸人の宮川大輔が世界の過激な祭りに参加するという人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」。5月20日放送回でラオスの「橋祭り」が取り上げられたのだが、そのような祭りは存在せず、『イッテQ』がでっち上げたと報じられている。

 これに対し日テレは8日、「企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と説明。さらに、「この催しについて、コーディネート会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあったものの、今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました」と謝罪した。

 他局の関係者は語る。

「ある地域で今年初めて行われた祭を、『イッテQ』では、あたかもその地域で毎年行われている恒例の祭であるかのように演出がされているので、その時点でヤラセでしょう。ウチの局なら会見を開いて謝罪して、番組は即刻打ち切りになるレベルですよ」

 今回発表された日テレの見解では、「現地コーディネート会社からの提案では」「コーディネート会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあった」「企画は、現地からの提案を受けて成立したもの」などと、多くの箇所で現地コーディネート会社の存在に触れられているが、日テレ関係者は語る。

「7日の『文春オンライン』の速報を受けて、日テレは幹部会を開いて制作会社を呼び出し、聞き取り調査を行いました。その結果、ヤラセの完全否定はできないと判断され、あくまで日テレは現地コーディネート会社の話を信じてしまったというかたちで、責任をなすりつける方向に持っていくことになったようです。いずれにせよ、大久保(好男)社長をはじめ幹部たちは相当怒っているようです」

 それにしても、過去に何度もテレビ番組でのヤラセが問題になってきたにもかかわらず、なぜ今回このようなことが起こったのだろうか。
 
「『イッテQ!』の制作を担当している制作会社は、日テレの『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(1996~2002年放送)から一緒にやってきた会社で、さらに『進め!電波少年』(1992年~1998年)の元スタッフも『イッテQ!』の制作に深く関与しています。今ほどコンプライアンスが厳しくなかった当時は、今なら完全にアウトなヤラセ的行為なんて日常茶飯事。その名残もあって、番組を盛り上げるためなら多少の“脚色”はやって当然、と考えていたのかもしれません」(日テレ関係者)

 日テレの見解に、世間はどう反応するのか――。
(文=編集部)

ヤラセ疑惑の日テレ『イッテQ!』、『電波少年』元スタッフ陣が参加か…過剰な“脚色”ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、世界の果てまでイッテQ!宮川大輔日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事