NEW

TWICE『紅白』出演でNHK受信料不払いの動きも…「(Tシャツが)慰安婦活動の資金に」

TWICEのダヒョン(写真:Mydaily/アフロ)
『第69回NHK紅白歌合戦』に出場が決まったばかりのガールズグループ「TWICE」。2年連続となる『紅白』出場にファンが沸く一方で、メンバーのひとりが過去に着用していたTシャツをめぐって“炎上”している。


 TWICEは韓国発の9人組グループで、メンバーは韓国人・日本人・台湾人で構成されている。2015年のデビュー以降、ハイレベルな歌唱とダンスパフォーマンスで人気を集め、若い世代を中心にファンを獲得している。“原爆Tシャツ”問題で猛批判を浴びている「BTS(防弾少年団)」が『紅白』に落選したため、いわゆる“韓流枠”ではTWICEが唯一の出場アーティストだ。

 今回問題視されているのは、韓国人メンバーのダヒョンが着用していた“慰安婦支援Tシャツ”だ。元従軍慰安婦への支援を掲げるブランド「MARYMOND」のTシャツで、17年の来日時に着用しているダヒョンの画像がインターネット上で拡散されている。

 11月14日、前北海道議会議員の小野寺まさる氏がツイッターで「twiceのメンバーのダヒョンさんが『慰安婦Tシャツ』を着ていたことが判明。このTシャツの売り上げは韓国の理不尽な慰安婦活動の資金源に…。NHKはこんな反日活動家を紅白に出場させるのだ」と写真付きで投稿し、1万5000以上のリツイートを記録。小野寺氏は「私はこの売り上げが日本に対する慰安婦活動の資金になっている事を問題にしています」とも語っている。15日には「ワウコリア」や「リアルライブ」などのニュースサイトも報じ、16日には韓国の新聞「中央日報」もこの騒動を伝えている。

 慰安婦問題をめぐっては、15年12月の「日韓合意」で「最終的かつ不可逆的に解決」を見たものの、韓国の文在寅大統領は反故にする姿勢を示しており、それに日本側が反発するなど、今なお日韓間の火種のひとつとなっている。

 BTSの原爆Tシャツ問題が波紋を呼んでいる渦中だけに、このダヒョンのファッションについても「韓国でならまだしも、それを着て日本に来る神経がわからない」「反日と言われても仕方ない」「紅白は落選させるべきだった。出演は白紙でしょ」「デザイン面で着ていただけでは」「BTSの問題とは違う」と物議を醸している。

 また『紅白』に選出したNHKに対しても批判が高まっており、「今からでも取り消すべき」「メンバーに日本人と台湾人もいるから大丈夫だと思ったのか?」「NHKに苦情入れました」「絶対に受信料を払いたくない」と反発する声があがっている。

 ダヒョンがどのような意図で着用していたのかは定かでないが、グループ内には日本人メンバーもいるため、非難の声が強まっているようだ。また、11月16日には『第60回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の受賞者が発表され、TWICEは欅坂46やDA PUMPらとともに、大賞候補である優秀作品賞に名を連ねている。これに対しても「タイミングが悪すぎる」「慰安婦Tシャツに賞あげるの?」と波紋が広がっている。

『レコ大』は12月30日の放送で、翌31日には『紅白』の本番を迎えるが、それまでに騒動は収束するのだろうか。
(文=編集部)

TWICE『紅白』出演でNHK受信料不払いの動きも…「(Tシャツが)慰安婦活動の資金に」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NHKTWICEダヒョンレコード大賞従軍慰安婦紅白歌合戦韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事