NEW

M-1上沼恵美子に若手芸人から批判噴出…お笑い界追放要求、とろサーモンに賛同集まる

【この記事のキーワード】

, ,

とろサーモン・久保田かずのぶ

 大御所中の大御所である芸人が、若手芸人たちから批判を浴びるという異例の事態が起きている。

“日本一の漫才師を選ぶ祭典”『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)が2日に放送され、霜降り明星が優勝したが、審査員を務めた上沼恵美子の発言が騒動に発展している。

 上沼は自身がファンだと語るミキに98点の高得点をつけ、「(ミキの)ファンだな。ギャロップの自虐(的なネタ)と違って突き抜けてる」とコメント。同じくファンを自認するジャルジャルの漫才後には「ジャルジャルはファンなんですが、ネタは嫌いや」と話し、インターネット上では“好き嫌い”で点数をつけているとして批判の声が続出している。

 このほかにも、トム・ブラウンの漫才後に「未来のお笑いって感じかな。私は歳だからついていけないや」などと素直に胸の内を明かしたが、これに対しても「審査員を辞退すべき」といった声があがっている。

 さらに、出演したスーパーマラドーナの武智は番組終了から数時間後、昨年優勝したとろサーモンの久保田かずのぶが「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」と発言する動画をインスタライブで配信(削除済)。審査員席の一番右の席に座っていた上沼を公然と批判し、物議を醸している。若手芸人は語る。

「たしかに放送終了後、芸人仲間たちの間ではLINE上で上沼さんのコメントについて、『どうなのよ?』と批判が出ていました。僕は決勝に出てないのでそれほど感情的にはなりませんが、実際に決勝の舞台に立っている当人たちとしては、感情が高ぶっている分、神経を逆撫でされた気分になったのでしょう。LINEでは『上沼を追放すべきだ!』みたいなコメントをしている芸人もいて、久保田さんの発言を擁護して結構盛り上がっているようです。ただ、上沼さんは久保田さんにとっては芸人の大先輩に当たるので、マズい状態なのは間違いなく、おそらく久保田さんはかなり事務所に怒られるでしょう。上沼さんが久保田さんの発言をどう思っているのかはわかりませんが、若手芸人たちは騒動の今後の展開をおもしろがってみていますよ」

 上沼といえば、特に関西お笑い界では絶対的な人気と地位を築いているが、テレビ局関係者は語る。

「M-1決勝の会場には独特の空気があり、大御所の審査員でもかなり緊張します。放送をみていても、初めのうちは上沼もかなり緊張している様子でしたし、なんとか笑いで場の緊張をほぐそうとして、ギャグのつもりで“ファンネタ”を口にしたのかもしれません。一部のコンビにはかなり厳しいコメントをしていましたが、指摘内容そのものはとても具体的で的確だったので、そこはやっぱり上沼の愛情だと思います。ただ、ファイナリストの芸人本人たちは殺気立っていることもあり、上沼の発言をネタとは思えず『好き嫌いで点数をつけられた』と反発しているのではないでしょうか。彼らも人生がかかっているので、仕方ありません」

 久保田が火をつけてしまった“上沼批判騒動”は、どう収束していくのだろうか。
(文=編集部)

M-1上沼恵美子に若手芸人から批判噴出…お笑い界追放要求、とろサーモンに賛同集まるのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、M-1グランプリとろサーモン上沼恵美子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事