NEW

DV疑惑の純烈・友井、釈明会見を急遽中止…“何かしらの手段”に出ることを検討か

【この記事のキーワード】

, ,

純烈の公式ブログより

 10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、昨年の大みそかに『NHK紅白歌合戦』初出場を果たした“スーパー銭湯アイドル”ことムード歌謡グループ「純烈」の友井雄亮が、過去に同棲していた女性にDV(家庭内暴力)をはたらいていたと報じた。記事によれば、友井はその女性を妊娠・流産させた上に浮気を繰り返し、別の交際相手の貯金3000万円を勝手に使い込んだこともあったという。

 この報道を受け、純烈の公式ブログ上で友井は「記事の内容につきましては、すでに解決にはなっておりますが、自分の気持ちとしては今でも相手の方々には大変申し訳ないと思っておりますし、心から深く反省しております」と謝罪。しかしその直後、10日にはそのコメントを削除した上で、「解決済みであるとする事実と異なる部分がございましたので、削除させていただきました」と投稿した。テレビ局関係者が語る。

「『文春』発売前日の9日、所属レコード会社を通じて、地方から帰京したあとに友井本人が急遽記者会見を行うと、マスコミ各社に連絡が入りましたが、その後、会見中止の連絡が入ったんです。理由は、弁護士から会見を行わないように言われたからだといいます。友井はブログで報道内容を事実だと認め謝罪しましたが、友井サイドとしてはDV被害者の女性とはすでに誓約書を交わしており、“当事者間で解決した話”という認識なのかもしれません。そのため、今後何かしらの手段に打って出ることも検討しているのではないかという情報も流れています」

 ファンの間では知られた話だが、かつて友井は関西ジャニーズJr.に所属。昨年、純烈の『紅白』出場が決まった際には、友井がジャニーズ時代にデビュー前の関ジャニ∞の村上信五や横山裕、嵐の大野智と共演していた過去が、インターネット上で話題を呼んだ。

「友井のこんなスキャンダルによって、ジャニーズに所属していたという事実が再びクローズアップされることになり、ジャニーズにしてみれば迷惑な話でしょう。昨年以降、山口達也(元TOKIO)の未成年強制わいせつ事件に始まり、NEWSの手越祐也、小山慶一郎、加藤シゲアキの未成年飲酒事件、ジャニーズJr.のユニット『Love-tune』メンバー7人の契約問題による一斉退所など、不祥事がたて続けに起こるなか、“元ジャニーズ”のスキャンダルまで報じられ、結果的に事務所の体質に再び世間の目が向いてしまった。今回に限って言えば、とんだトバッチリを受けた格好といえるでしょう」

 いずれにせよ、友井が今後、どのような対応に出るのかが注目される。
(文=編集部)

DV疑惑の純烈・友井、釈明会見を急遽中止…“何かしらの手段”に出ることを検討かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事