NEW

「海外移住」を決める前に知っておきたい、3つの心得

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート

【今すぐ、どっかへ Doccaより】

 一度は「海外に住んでみたい」と思ったことがあるという人も多いかもしれません。

 海外に出ることで、たくさんの出会いがあり、さまざまな考え方や価値観に遭遇し、視野が広がり、生きるために大切なことの多くを学ぶことができます。

 それはかけがえのない体験であり、自分自身を成長させてくれる最高のチャンスでもあります。

 とはいっても、「海外移住」を決意するのはひと筋縄ではいかないのも事実。「移住」となると、「旅行」として海外に行くよりも格段にハードルは高くなります。

 筆者も国際結婚を機にイギリスへ移住して10年になりますが、海外での生活は決して楽しいことばかりではないことを実感しています。毎日の暮らしのなかで、不便さや孤独感、不満や緊張感などを味わうことも少なくありません。

 そこで今回は、海外移住をお考えのみなさんに、行ってから後悔しないためにも知っておくべき「海外移住の裏側」をご紹介します。

言葉の習得は想像以上に大事!


「旅行」だけなら、英語が話せなくてもなんとかなりますし、分からないからこその面白さもあるでしょう。でも、「移住」となると話は別。

 やはり、移住したい国の言葉(公用語)でコミュニケーションができるかどうかがカギとなります。

 言葉が理解できなければ、仕事につくこともできませんし、現地のコミュニティーに参加することも難しくなってしまいます。

 また、病院にかかるときや銀行口座の開設、住居の賃貸契約や、居住ビザの申請、行政の手続きなども現地で自分の力で行わなければいけません。そのため英語だけでなく、英語が広く通じている国でも、現地の公用語はしっかりと身につけておいた方が良さそうです。

続きは【Docca】で読む

「海外移住」を決める前に知っておきたい、3つの心得のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事