NEW

角川春樹、77歳にして最強ボクサーを目指す! “不死鳥”が描く驚愕の出版、映画ビジネスの未来

【この記事のキーワード】

, , ,

見事なミット打ちを見せる角川社長

“出版界の風雲児”と呼ばれた角川春樹氏。1970年代後半から90年代にかけて、出版、テレビCM、映画、映画主題歌を連動させたメディアミックス戦略で一世を風靡した。『セーラー服と機関銃』(81年)の薬師丸ひろ子、『時をかける少女』(83年)の原田知世ほか、新世代のスターたちが角川映画から次々と誕生した。業界の枠にとらわれることなく、縦横無尽な活躍ぶりを見せた。

 今世紀に入ってからも、戦艦大和を実寸大で復元させた『男たちの大和/YAMATO』(05年)、モンゴルロケを大々的に敢行した『蒼き狼 地果て海尽きるまで』(07年)など、スケールの大きな野心作を放ってきた。だが、決まっていた監督がクランクイン3週間前に降板するという不測の事態に陥った『笑う警官』(09年)の監督・脚本・製作総指揮を務めて以降、映画界とは距離を置くことになる。

 そんな角川氏を、都内自由が丘にある「戸髙秀樹ボクシングジム STUDIO Bee」でキャッチした。2階級制覇の元世界王者・戸髙秀樹氏をトレーナーに、リング上でスパーリングを重ねているではないか。今、なぜボクシングなのか? 出版界の風雲児は、現在の出版不況をどう捉えているのか? 映画界への復活はあるのか? 現在77歳となる“生きる伝説”角川氏はスパーリングと同様に、それらの質問に実に軽快に答えてみせた。

——三池崇史監督作『神様のパズル』(08年)の公開時に、「月刊サイゾー」でインタビューさせていただきました。その頃は木刀よりも重たい木剣で1日2万5000回もの素振りをされていたわけですが……。

角川春樹(以下、角川) 木剣での鍛錬は1日7時間をかけて、最終的には3万3100回までやっていました。集中してやっていると、熱くなって止まらなくなってしまうんです。ある日、心臓に違和感を覚えたのですが、少し休むと落ち着いたので続けていたところ、心臓の一部が千切れて脳へと流れてしまった。脳血栓になってしまったんです。幸いなことに麻痺にはなりませんでしたが、医者からは「あと15分遅れていたら危なかった」と言われました。その3年後には、5時間30分もの心臓の手術を受けました。それ以来、体を動かすのが怖くなって自宅で静かに過ごすようになっていたんです。主治医からは散歩を勧められたんですが、散歩はちょっとねぇ(笑)。

——“闘う男”角川春樹氏が、街をのんびり散歩する姿は想像できません。

角川 よく行くカフェのママがキックボクシングを習い始めて、「角川さんもどう?」と誘われたんだけど、キックボクシングはキックが主体で、パンチはそれほどでもないんですよ。そんなときにうちの女房が、「どうせなら戸髙さんのジムに通えばいいじゃない?」と言ったんです。戸髙さんとは長渕剛を通して知り合い、2005年にオープンした戸髙ジムの特別顧問も私は引き受けていますからね。それで、2017年9月からボクシングのトレーニングを始めるようになったんです。週2回のペースで、戸髙ジムに通っています。やっぱりね、ボクシングは楽しいですよ。

——リハビリのつもりで始めたボクシングに、すっかりハマったようですね。大学時代にもボクシングをしていたと聞いています。

角川 大学時代は拳闘同好会でした。ちゃんとしたコーチなしで、練習していたんです。そのうち視力が落ちてきて、ボクシングは断念しました。そのときに悪い癖がついて、もともとはサウスポータイプだったんだけれども、ボクシングを再開してからはオーソドックスタイプにしました。今はどちらにもスイッチしてできるようになりました。戸髙さんをミット打ちのパーソナルトレーナーにしていると、何ラウンドでも打ち続けられます。2〜3時間やっても全然平気なんですが、うちの女房が心配するので練習は10ラウンドまでに抑えるようにしています(笑)。戸髙ジムは自由が丘という場所柄もあって、シニアの会員が多い。ほかのシニアの方たちにもおススメしますね。

——他のジムのシニア選手との試合も予定しているとのこと。

角川 やっぱり対戦相手がいたほうが、トレーニングにより気合いが入りますよ。相手のことをいろいろと研究して、練習しますからね。まぁ、シニアにはプロがなくてアマチュアの世界なんだけど、やるからには最強を目指したい。目指すは、シニア最強のボクサーです(笑)。戸髙ジムに通っていない日は、別のトレーンングジムで体を鍛えていますし、木剣を使ったストレッチも並行して続けています。木剣をやっていると踏み込みが鋭くなるんです。

角川春樹、77歳にして最強ボクサーを目指す! “不死鳥”が描く驚愕の出版、映画ビジネスの未来のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ボクシング出版角川映画角川春樹の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事