NEW

三つ子虐待死事件に実刑判決…母親擁護派と虐待サバイバー派が相反する署名キャンペーン

【この記事のキーワード】

,

「Getty Images」より

 親が子どもを傷つけ、命を奪うとき、そこに「仕方がなかった」は存在するのか--。

 3月15日、ある刑事事件に対して下された第一審判決が関心を集めた。この判決を下したのは、名古屋地裁岡崎支部における裁判員裁判。三つ子のうち次男を床にたたきつけて殺害したとして傷害致死の罪に問われていた母親(30歳)に対し、懲役3年6カ月という実刑判決が下されたのだ(検察側の求刑は懲役6年)。

 過去の同種の事件には執行猶予がついたケースもあり、実刑判決は異例ともいわれる。これを受け、各方面では賛否の声が上がっているのである。

 事件があったのは2018年1月11日の夜。愛知県豊田市に住むこの母親は、当時生後11カ月であった次男がなかなか泣き止まないことにいら立ち、その子を自宅の畳に2回たたきつけ、脳損傷により死なせたとされる。判決では、母親は犯行時にうつ病の状態にはあったが、責任能力は完全にあったと認められた。

 SNSなどでは、被告と同じ三つ子や双子の育児経験者から「三つ子の育児は想像を絶する苛酷さ」とする、擁護の声が広がっている。三つ子の母である直島美佳さんは、オンラインで署名を募ることのできるサイトchange.orgにて、「この母親が、残された2人の子育てをしながら罪を償えるように」と、執行猶予付きの判決を求める署名活動をスタート。賛同者はすでに3万5000人を超えようとしている。

署名サイトchange.org上の、執行猶予付き判決を求めるページ

 一方で、その流れに異を唱える人たちも存在する。

 子どもの頃に虐待を受けて育った人たち、通称「虐待サバイバー」だ。発起人の“虐待サバイバー”さんは「実刑判決は妥当である」とする、いわば擁護派に反対するかたちの署名活動を、 同じくchange.orgで始めた。

 呼びかけ文では、「執行猶予付判決を求める方々を批判する意思はありません。考え方は人それぞれです」としながらも、虐待を受けて育った立場から「母親への同情と、犯してしまった重大な犯罪に対する罰は切り離すべき」と主張する。賛同者は約300人。擁護派と比べると少数ではあるが、貴重な意見であることに違いはない。

 双方の主張を聞いてみた。

署名サイトchange.org上の、実刑判決は妥当だとの意思表示を求めるページ

三つ子虐待死事件に実刑判決…母親擁護派と虐待サバイバー派が相反する署名キャンペーンのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事