NEW

自衛隊トップ人事で大番狂わせ?海上幕僚長就任確実視された山下元海将、ひっそり勇退の全真相

【この記事のキーワード】

, , ,

海上幕僚長に就任した山村浩氏(左/海上自衛隊HPより)

 やはり、落ち着くべきところに落ち着いたといったところか。

 3月19日、自衛隊高級幹部人事の交代が発表された。制服組トップの統合幕僚長には山崎幸二陸上幕僚長が、海上幕僚長には山村浩海上幕僚副長がそれぞれ就くこととなった。発令は4月1日付。いずれも、2018年4月22日付当サイト記事『自衛隊、新統合幕僚長に山崎陸将が最有力か…ダークホースの村川海将も…人事の全裏側』において予想した範囲内の人事である。

 この人事をめぐって制服組自衛官、なかでも海上自衛隊内部では安堵ともいえる空気感に包まれているという。艦艇畑の2佐は、その様子を次のように語った。

「切れ者として知られ、次期海幕長の有力候補だった山下万喜(かずき)海将が勇退することになり、平成も終わり、次の時代の海自のリーダー像がはっきりした感があります」

 ここ数年来、海自内外においては、新海幕長には海自現場部門のトップである自衛艦隊司令官だった山下元海将が最右翼といわれてきた。だが、結果はそうならなかった。今回は、そんな新海幕長人事の舞台裏に迫ってみたい。

誰もが海幕長就任を信じて疑わなかった「海自のホープ」

 自衛隊といえども、“お役所”である。とりわけ海自は、その色合いが濃い。人事は霞が関の中央官庁と同じく、「この椅子に座れば、次はこの椅子」と、遠い将来の人事がほの見えてくるところがある。海自に限っては、自衛艦隊司令官を筆頭に、首都圏海上防衛の要となる横須賀地方総監、中朝を睨む場所の最前線を管轄下に置く佐世保地方総監、そして海自トップを補佐する海上幕僚副長の4つの職が“海幕長直前”の提督が座る「指定席」だ。

 次期海幕長の椅子を射程圏内とする、これらの重要ポストのなかでも「格上」とされる2つの職、自衛艦隊司令官と佐世保地方総監を務めたのが山下元海将だった。若い頃から「海自のホープ」と音に聞こえた俊秀ぶりから、海自内外では誰もが「いずれは山下海幕長の誕生」を信じて疑わなかったという。

「あまりにも輝いているので、同年代の人材が全員霞んでみえた」

 東京・市ヶ谷の防衛省近く。“自衛官の帝国ホテル”として知られるホテル「グランドヒル市ヶ谷」地下の和食店で、瓶ビールをおいしそうに飲み干しつつこう語ったのは、防衛大では山下元海将の先輩だったという海自OBだ。

 若手幹部時代から、「まだまだ組織から試されている立場」である1佐になってすぐの頃の山下元海将は、頭脳明晰で桁外れな行動力を持ち、将来、国防の重責を担う部下や後輩幹部自衛官には熱く丁寧な指導を施し、下士官(曹士自衛官)にも気配りを忘れなかった。そのため、上司はもちろん部下や後輩からも、まさに非の打ちどころのないナイスガイとして音に聞こえた「名士」だったという。

 そうした呼び声もあってか、山下元海将の海幕長就任は「遅かれ早かれ実現する」という見方が衆目の一致するところだった。

自衛隊トップ人事で大番狂わせ?海上幕僚長就任確実視された山下元海将、ひっそり勇退の全真相のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事