NEW

秋篠宮家の分断を招いた、小室圭さんの“罪”…結婚に執着し、日本の皇室を翻弄

【この記事のキーワード】

, ,

小室圭さん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 4月1日に新元号「令和」が発表され、国内はお祝いムードに包まれている。皇太子さまは5月1日に新天皇として即位され、令和の時代を迎える。最近では新皇后となられる雅子さまも、祝宴行事などにも積極的にご出席され、代替わり後に予定されている6月の「植樹祭」にもご出席を決められ、一時期の体調不良も快方に向かわれつつあるかのようにみえる。しかし、皇室全体を見渡せば、依然としてある不安要素がくすぶり続けているようだ。

 新天皇を支える皇族方の筆頭といえるのが、「皇嗣家」となる秋篠宮家。その秋篠宮さまの長女・眞子さまは、2017年9月にパラリーガル(当時)の小室圭さんとの婚約内定会見を行われたものの、小室家の抱える借金トラブルが発覚すると、婚約内定は延期に。その後、昨年11月に行われた会見で秋篠宮さまは、「(借金問題について)それ相応の対応をするべきだ」「そういう状況にならなければ、私たちは、婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」とご発言された。

 これを受け、今年1月に小室家側は借金問題に関する釈明文書を発表したが、一向に結婚までの道筋は見えず、お二人の結婚問題は漂流している。3月22日には、国際基督教大学の卒業式を迎えられた秋篠宮さまの次女、佳子さまが、宮内記者会の質問に答えられるかたちで、次のコメントを発表された。

「姉が結婚に関する儀式を延期していることについてですが、私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」

 そんななか、3月以降、秋篠宮家内の確執を伝える報道が相次いでいる。

 たとえば「週刊文春」(文藝春秋/4月11日号)は、佳子さまと秋篠宮ご夫妻のコミュニケーションがほぼ断絶していると報じている。同誌によると、学習院女子高等科の文化祭で有志を募ってヒップホップのダンスを披露したことについて、紀子さまが反対されたことも影響しているという。

 また、「週刊女性」(主婦と生活社/4月23日号)も、佳子さまが都内のダンススクールでレッスンを続けていることを、紀子さまはよく思っておらず、佳子さまが紀子さまに反抗する場面もみられると報じている。さらには、秋篠宮ご夫妻と姉妹で対立関係ができているという秋篠宮家関係者のコメントも紹介されている。

秋篠宮家の分断を招いた、小室圭さんの“罪”…結婚に執着し、日本の皇室を翻弄のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事