NEW

ファミマ、“神ウマい”食品5選!ライザップ監修スイーツが糖質カットで逆に美味!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
「ファミリーマート HP」より

 サークルKサンクスとのブランド統合により、その緑色の看板を街中で見かけることが以前より増えた感のあるコンビニ大手ファミリーマート

 今年3月末時点での国内店舗数は1万6420で、運営元であるユニー・ファミリーマートホールディングスの2019年2月期決算によると、営業収益は前年同期比3.1%減の6171億7400万円だった。

 セブン-イレブンとローソンというほかのコンビニ大手2社は増収だったので、ファミリーマートだけ取り残されているものかと思いきや、明るいニュースもある。今年3月の発表によれば、定番商品の「炭火焼きとり」(128円/税込、以下同)が累計販売本数3億本の大台に達したという。

 炭火焼きとりの登場は2017年6月と、意外なことに歴史は浅い。はやり廃りが激しいこの時代に新たな大ヒット商品を生み出せるあたり、ファミリーマートの地力には、まだまだ期待できるだろう。

 そんなファミリーマートは、炭火焼きとり以外にも「ファミチキ」のような人気商品を数多く取り揃えている一方、新商品もバンバン投入して、売り場の新鮮さを保っている。今回は「woman-looking4sex 買うべき・買ってはいけない調査班」の独自リサーチにより、「買うべきファミリーマートの食品5選」をセレクトしてみた。いつも店頭でどの商品を買おうか目移りしてしまいがちな人は、ぜひ参考にしてほしい。

RIZAP たっぷり食べたい!プリン/308円

 まず取り上げる「RIZAP たっぷり食べたい!プリン」は、“結果にコミットする”で有名な肉体改造ジムのRIZAPが監修する、ファミリーマート限定商品だ。

 店頭で見かけた際は、とにかくその量に驚くことだろう。3連パッケージで売られているグリコの「プッチンプリン」が1個あたり67gなのに対し、なんとこちらは1個で451gと、7倍近い大容量を誇っている。

 あっさりとはしているが、味や食感はまごうことなきプリンのそれ。もともとファミリーマートで販売されていた「たっぷり食べたい!プリン」(298円)に比べると糖質が40%カットされており、ダイエット中だけれど甘いものをガマンできないという人にはもってこいの商品かもしれない。ちなみに、甘さが抑えられたことでかえって美味しくなったという声も聞かれる。

 ちなみに、糖質量にこだわって開発したというRIZAP監修商品は、ほかにも「なめらかチーズケーキ」(170円)や「糖質0g麺 汁なし担々麺風」(278円)などいくつかラインナップされている。上手に組み合わせて、健康管理に役立てるといいだろう。

ファミマ、“神ウマい”食品5選!ライザップ監修スイーツが糖質カットで逆に美味!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事