NEW

元次官の父に殺された長男は“社会人”だった…サイバー空間で友人とリアルを生きていた

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

 たて続けに、川崎市登戸と東京・練馬で無職の中高年者が絡む衝撃的な事件が発生した。「引きこもり」と「8050問題」をセットにした論議が喧しいが、練馬事件のもうひとつの側面は「サイバーとフィジカル」、つまりサイバーの世界に生きている息子、フィジカルがすべての父親の構図と理解できないか。リアルの延長にあったバーチャルがサイバー空間として固定化し、結界の接点でスパークが起きた――とすれば、同じような事件がもっと起こるかもしれない。ITはITなりに「サイバーとフィジカル」を結ぶ回路を探らなければならないだろう。

仮想空間=バーチャルのイメージだが

 ITに軸足を置いている筆者は、犯罪や人間心理には門外漢だ。そこで以下は「IT的世相観察」(ITから社会を見る)と理解していただくとして、「サイバーとフィジカル」に思いが至ったのは、同じような事件が過去にあっただろうか、と考えたのがきっかけだった。

 新聞やテレビは5月28日の朝、登戸で起こった連続殺傷事件を引き合いに、中高年者の引きこもりに焦点を当てている。人はなぜ引きこもりになってしまうのか、引きこもりの心理はどのようなものなのか、引きこもりを社会に復帰させる方法はあるのか、引きこもりとどう接すればいいか、などと議論されている。

 ところでテーマの「サイバーとフィジカル」についてだが、Wikipediaによると「サイバースペース」とは、コンピュータとネットワークが形成するデータ領域を指す。仮想空間というイメージから、バーチャルの同義語として扱われることがあるのだが、実はバーチャルはリアルの延長線上にある概念だ。コンピュータ・グラフィックス(CG)による住宅の3次元パース、古代遺跡の復元予想図などがそれに当たる。

 これ対して、サイバーは通信と制御を融合する新しい学問領域名「サイバネティクス」の派生語だ。同じ派生語のひとつにサイボーグがある。最近はサイバー犯罪、サイバーテロ、サイバー攻撃などという言葉をしばしば耳にする。事象がリアルな世界に影響を及ぼすこともあれば、サイバー空間で完了することもある。

 一方の「フィジカル」は「物質的」「肉体的」という意味で、対置語は「メンタル」だ。ここ数年、様ざまなモノにマイクロチップやセンサーが組み込まれ、インターネットとつながるようになったことから、IoT(Internet of Things)という言葉が生まれ、IoTがもたらすシステム融合の世界を「CPS(Cyber – Physical System)」と呼ぶようになった。

元次官の父に殺された長男は“社会人”だった…サイバー空間で友人とリアルを生きていたのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事