NEW
山本康博「なぜあの商品はヒットしたのか/しないのか」

梅雨到来、家の中を断然快適にする「Homidy デジタル温湿度計」が超オススメ!

【この記事のキーワード】

, ,

 梅雨に備えて断然オススメしたいのが、シンプルな薄型高性能温湿度計。5月にはタニタ製商品を押さえアマゾンの温度計・湿度計部門で堂々1位となっていた隠れたヒット商品、「Homidy デジタル温湿度計(以下、Homidy)」を今回ご紹介します。

 昔からある針を使ったアナログな温湿度計はなくなりつつあり、今ではデジタル温湿度計が主流になっています。季節の変わり目に影響を受ける肌の潤いや、ウィルス対策、ペットや観葉植物の環境管理でも温湿度計を使用する人は多いと思います。

 筆者も、最初半信半疑でひとつだけHomidy を購入したのですが、今では家の各部屋につけて温度湿度の管理をしています。キッチンの近くやダイニングに設置すると油などの影響により数年で精度が落ちていくため、ある程度期間がたったら買い替えが必要だと感じます。


Homidy デジタル温湿度計(筆者撮影)

 さて、計測機器に関しては日本のタニタがとても有名で、同社の「デジタル壁掛け卓上マグネット温湿度計」は厚さ3cmとかなり分厚いですが、売れています。しかし、今回ご紹介するHomidyは厚さがたった0.8cm超薄型で、昨年ドイツのレッドドット賞を受賞した優れものです。同じ価格帯(1,500円程度)の商品のなかでも性能が優れたアイデア商品であるため、ベストセラーになっています。

見やすく、かつ高性能

 まず、何がすごいのかといえば、数値の見やすさが抜群で、かなり暗い場面でも鮮明に見えることです。この商品のディスプレイは角度を変えると見えにくくなる電卓などに搭載される液晶ではなく、アマゾンのKindleのように、どの角度から見てもよく見える高品質イーインク(E-Ink)ディスプレイを搭載したことで抜群の視認性を実現しています。説明書では業界初と書かれていますが、確かに白黒がはっきり見えるE-Inkディスプレイを採用するとはナイスアイデアだと感じます。E-Inkディスプレイ市場では、PCモニターも発売されているくらいに今、脚光を浴びています。

筆者撮影

 2つ目は、センサー精度の高さです。中国製のためか、自社製ではなくスイス製の高精度Sensirionセンサーが搭載されており、業務レベルの測定値が図ることができる点も優れています。測定精度誤差は温度でプラスマイナス0.3℃、湿度で同3%という高レベルです。

梅雨到来、家の中を断然快適にする「Homidy デジタル温湿度計」が超オススメ!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事