NEW

岡井千聖の略奪不倫が“最悪”な理由…三谷竜生に妻と4人の子どもを捨てさせる

【この記事のキーワード】

, , , ,

岡井千聖の略奪不倫が最悪な理由…三谷竜生に妻と4人の子どもを捨てさせるの画像1
「」より

 またも有名人の不倫が発覚した。解散したアイドルグループ「℃-ute」の元メンバーでタレントの岡井千聖と、競輪選手の三谷竜生である。

 三谷といえば、2018年の「KEIRINグランプリ」を制し、JKA最優秀選手賞にも選ばれた競輪界のスーパースターだ。昨年の獲得賞金は2億5000万円(年間賞金額として史上最高)にも上り、16~18年の3年間で4億円以上を手にしている。競輪ファンの筆者も、昨年のグランプリでは儲けさせていただいた。

 一方の岡井は、グループ解散後はソロとして活動。元アイドルながらハチャメチャトークが売りで、バラエティ番組で「渋谷で飲んでダーツしてる」「男友達は多い」「年収2000万円以上の男性が理想」などとぶっちゃけていたが、今年4月に芸能活動の休止を発表していた。

 三谷には、下積み時代から支えてきた妻と4人の子どもがいる。しかし、「週刊文春デジタル」によると、2017年末に岡井と出会い、18年春頃から交際を始めたという。そして、妻に不倫がバレた三谷は6月中旬に離婚が成立。賞金王の家庭を崩壊させた岡井の行為は“略奪不倫”などと報じられている。

妻が不妊治療中に不倫相手の妊娠が判明

 三谷の元妻は岡井に対して慰謝料を請求しているというが、妻子持ちの男性と交際して離婚に至らせるという行為は、かなり重い。一方、三谷は糟糠の妻と4人の子どもを捨てたわけで、これも相当な覚悟といえる。

 筆者も過去に不倫の末に大きな過ちを犯したことがあるが、もし三谷と同じ立場になっても、家族を捨てることはしないだろう。私事で恐縮だが、自身の経験を踏まえて、岡井と三谷の不倫の何が問題なのかを考えてみたい。

 まず、筆者は不倫自体を否定してはいない。男は本能的に妻や恋人以外の女性を欲しがる生き物であり、仮に妻との“夜の営み”がなくなったのであれば、別の女性と上手に遊べばいい。身勝手な言い方かもしれないが、不倫から学ぶことも少なくない。しかし、不倫は決して許されるものではない。当然ながら、「やり方を間違ってはいけない」ものであり、「見つかってはいけない」のだ。

 結婚して20年になる筆者は、何度か不倫を経験してきた。一度だけの遊びもあったが、多くは3~5年ほど付き合い、やがて自然と消滅していった。食事などをごちそうすることはあっても、お金を介した関係性はなく、相手の気持ちや感情を尊重して関係を続けてきたと思っている。

 しかし、妻のことは決して裏切らなかった。肉体的には何度も裏切ったが、精神的には常に妻が一番である。一緒にいて居心地がよく、私にとって最高の女性だからだ。それは、妻にとっても同じだと思う。

 それでも不倫をしてしまうのは、私の旺盛すぎる性欲と妻の淡白な性欲がかみ合わないからだ。妻は年に数回しか“発情”しない。そのため、絶対にバレないよう、こっそりと別の女性との逢瀬を楽しんできた。

 しかし、筆者は不倫相手の女性を妊娠させてしまったことがある。その日は排卵日ではなかったはずなのだが……。子どもを授かった以上、けじめとして彼女と一緒になるべきだったのかもしれない。独身の彼女と新たな生活を始めるべきか、やはり妻のもとに帰るべきか。筆者が悩んだ末に出した答えは「妻」だった。

岡井千聖の略奪不倫が“最悪”な理由…三谷竜生に妻と4人の子どもを捨てさせるのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合