NEW

ZARD坂井泉水が生前に書き残した「大量のメモ」一冊の本に、賛否と懸念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】

ZARD坂井泉水が生前に書き残した「大量のメモ」一冊の本に、賛否と懸念の画像1

ZARD「揺れる思い」(1993年)

 ZARDというアーティストがいた。ボーカルの坂井泉水を中心としたユニットである。坂井はZARD結成当時から極端にメディア出演が少なかったため「坂井泉水は架空の人物、本当はこの世に存在していない」という都市伝説がまことしやかに囁かれたりもしていたものだ。「負けないで」「揺れる想い」など、いまでも歌い継がれる名曲が多く、カラオケではZARDの曲を十八番としている人も多いのではないだろうか。

 だが、悲劇はある日突然起こってしまった。2007年5月27日、入院先の都内の病院で高さ約3メートルのらせん状のスロープから転落、脳挫傷のため死去したのだ。享年40歳。あまりにも早すぎる死であった。当時、発表されたところによれば、坂井泉水は2006年に子宮頸がんにかかっていることがわかり手術、翌07年4月に肺への転移がわかり再治療のため入院していたという。

 45枚のシングル、20枚のアルバムを残し、坂井泉水が亡くなってから12年。彼女が生前書きためていた<メモ>がまとめられ、本になる。ドキュメントブック「永遠 君と僕との間に」(幻冬舎)。発売日は10月24日だそうだ。ZARDが残した楽曲は全155曲。そのうち、151曲は坂井の作詞によるものである。今回本に掲載される未公開メモは、坂井が作詞のために常日頃書きためていたもののようだ。

続きは【wezzy】で読む

ZARD坂井泉水が生前に書き残した「大量のメモ」一冊の本に、賛否と懸念のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事