NEW

JRAルメール「重賞ダブル制覇」は武豊「指導」の賜物!? 難しい強風も「競輪乗り」の極意で7勝の大爆発!

【この記事のキーワード】

, ,

JRAルメール「重賞ダブル制覇」は武豊「指導」の賜物!? 難しい強風も「競輪乗り」の極意で7勝の大爆発!の画像1

 秋競馬が開幕してもC.ルメール騎手は絶好調だ。

 先週は阪神ではなく中山に遠征すると、土日2日間で7勝の固め打ち。リーディング争いでも2位のM.デムーロ騎手に20勝差をつける独走態勢だ。

 特に充実ぶりを示したのが、土日の重賞ダブル制覇だ。

 土曜に行われた秋華賞トライアル・紫苑S(G3)では、2番人気のノームコアで馬群を縫うように進出し重賞初制覇。「本番の秋華賞(G1)でもチャンスがある」と大本命アーモンドアイの主戦騎手として余裕の表情を見せた。

 さらに日曜に行われた京成杯AH(G3)でも、勝負所の3、4コーナーでまくり気味に選出すると、最後は外から豪快に先頭を捉えてゴール。ちょうど同じ距離の9Rを勝利していたので国枝栄調教師から「9Rと同じように乗って勝って!」というリクエストに応える見事な騎乗。こちらのミッキーグローリーにも重賞初勝利をプレゼントした。

 この週末は非常に風の強い難しいコンディションだったが、リーディングをひた走るルメール騎手の手綱は冴えるばかり。好調の要因を『スポニチアネックス』に取材された際、印象的な言葉が返ってきた。

「土曜(紫苑S)と同じ『競輪乗り』です。大きな馬の番手で、風をよけて消耗を防ぎました」

 絶好調のフランス人騎手から出た「競輪乗り」という言葉。どうやら前の馬の後ろに入って空気抵抗を和らげる、いわゆるスリップストリームということらしいが......。

JRAルメール「重賞ダブル制覇」は武豊「指導」の賜物!? 難しい強風も「競輪乗り」の極意で7勝の大爆発!のページです。GJは、競馬、ルメール武豊競輪乗りの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!