NEW

JRA「第二のキタサンブラック」への階段!? 芙蓉Sで新たな「ミッキーブラック伝説」はじまる?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「第二のキタサンブラック」への階段!? 芙蓉Sで新たな「ブラック伝説」?の画像1

 秋競馬が開幕し毎週G1競争に向けた前哨戦で盛り上がっているが、来週30日にはいよいよ秋のG1第1弾スプリンターズSが行われる。そしてこの季節、2歳馬戦線もヒートアップしていく。23日、中山競馬場9Rの芙蓉S(オープン、芝2000メートル)に注目、レースの行方を予想する。

 まず、芙蓉Sの歴史を振り返っておこう。2006年の勝ち馬ドリームジャーニーは暮れの朝日杯FS(G1)を優勝。2010年の勝ち馬ホエールキャプチャは、その後に桜花賞(G1)で2着、オークス(G1)で3着した。昨年の勝ち馬サンリヴァルは今年の皐月賞(G1)で2着。ちなみに、ホエールキャプチャの2着はオルフェーヴルだった。

※ただし、芙蓉Sは2015年から2000メートルになった。2013年と2014年が1800メートル、それ以前は1600メートルだった。

 今年の芙蓉Sから強い馬は出るのだろうか。関係者情報を元に厳選3頭を挙げる。

「◎」はミッキーブラック(牡2歳、栗東・音無秀孝厩舎)。父はブラックタイド。週末の雨の影響は日曜の競馬にも残りそうで、切れ味よりもパワー型の父に合いそうだ。母マラコスタムブラダはアルゼンチンのG1フィルベルトレレナ大賞典の勝ち馬。ディンヒルやサドラーズウェルズの血が入っているので、こちらもタフな競馬は得意そうだ。

 血統は重そうにも見えるが福島の新馬戦(芝1800メートル)ではキレ味が光った。15頭立て、前方集団と後方集団に分かれる展開。前方集団の一番後ろにつけ、上がり3F最速の脚で差し切った。陣営は自信を持って送り出す。

JRA「第二のキタサンブラック」への階段!? 芙蓉Sで新たな「ミッキーブラック伝説」はじまる?のページです。GJは、競馬、キタサンブラックミッキーブラック芙蓉Sの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!