NEW

JRA秋華賞(G1)武豊「賛否両論」3着の真相!? 最強女王アーモンドアイを「本気」にさせた"ガチ"騎乗の裏側

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA秋華賞(G1)武豊「賛否両論」3着の真相!? 最強女王アーモンドアイを「本気」にさせたガチ騎乗の裏側の画像1

 競馬界のレジェンド武豊騎手の騎乗が、物議を醸している。

 14日に京都競馬場で行われた秋華賞(G1)は、圧倒的1番人気に推されたアーモンドアイが優勝。後方から異次元の末脚でライバルをねじ伏せ、史上5頭目となる牝馬三冠を達成した。

 その一方で、レース後にファンの賛否両論が沸き起こったのが、3着カンタービレの武豊騎手の騎乗だ。

 結果だけを見れば3番人気で3着と、大レースで一定の「結果」を残した武豊騎手。しかし、ファンの議論の的となったのは、カンタービレがこれまでとは異なり後方からの競馬を試みたからだ。

「前走のローズS(G2)では2番手から、最後の直線で早めに先頭に立ちそのまま押し切るという強い内容だったので、今回もカンタービレが前から競馬すると予想していたファンは多かったようです。

しかし、秋華賞ではアーモンドアイとほぼ同じ中団やや後方からの競馬。最後の直線も同じように大外から脚を伸ばしましたが、手応えに歴然とした差があり、内容的にはまさに完敗という内容でした。

レース後、武豊騎手も『溜めればいい脚を使う』と評価していた通り、カンタービレも3着まで追い上げたのですが、今回はさすがに相手が悪過ぎましたね」(競馬記者)

 ただ、武豊騎手がこれまで同じように前に行かず、あえて後ろから競馬したことに「納得がいかない」という声もある。競馬に"タラレバ"は禁句だが、アーモンドアイをマークするような"正攻法"で挑まず、これまで通り前から競馬していれば「もっとチャンスがあったのではないか」というわけだ。

JRA秋華賞(G1)武豊「賛否両論」3着の真相!? 最強女王アーモンドアイを「本気」にさせた"ガチ"騎乗の裏側のページです。GJは、競馬、アーモンドアイカンタービレ武豊秋華賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!