NEW

のん「レプロと和解」報道の裏に「仰天計画」が......新垣結衣らも所属"トラブルだらけ"ここに終止符......か?

【この記事のキーワード】

, ,

のん「レプロと和解」の裏に「仰天計画」が......新垣結衣らも所属トラブルだらけここに終止符......か?の画像1

 紆余曲折を経て、ついに"古巣"へと復帰? 今月18日発売の「フライデー」(講談社)が、女優・のん(元・能年玲奈)の「前事務所との和解」について報じている。

 詳細は是非本誌をご覧いただきたいが、かつて所属していた芸能人事務所「レプロエンターテインメント」との関係修復を図っているという「のん」。2019年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)への出演を目論んでいるという。すでにそのプランは進行しているとのことだ。

 復帰先となるレプロとは15年に対立し、無断で個人事務所を設立。それ以降、レプロ側から「能年玲奈」の名で芸能活動することを禁止されるなど、対立は泥沼化したわけだが、無事和解が済んだということだろうか。

 ファンからは「ようやく仲直りか」「ドラマで見る機会が増えるかも?」と歓喜の声が相次いでいる状況。"レプロ復帰"は多くの人間が待ち望んでいた展開かもしれない。

 ただ、レプロといえば、何かと騒ぎを起きる事務所として有名である。人気女優であった清水富美加(法名・千眼 美子)は、宗教団体「幸福の科学」へ出家し、芸能界引退騒動を起こしたことは記憶に新しい。レプロの"屋台骨"として期待されていたようだが、映画やCMなどをドタキャンする事態となり、事務所の信用問題にも影響を与えた。

のん「レプロと和解」報道の裏に「仰天計画」が......新垣結衣らも所属"トラブルだらけ"ここに終止符......か?のページです。GJは、エンタメ、のんレプロ新垣結衣の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!