NEW

JRA栗東「武豊ユーキャンスマイル陣営」本音ゲット? 人気エタリオウ、上がり馬の状況など情報多数入手

【この記事のキーワード】

, ,

 21日に京都競馬場で開催される牡馬クラシック最終戦・菊花賞(G1)。今年は、ダービー馬ワグネリアンが不在ということもあり、大混戦の様相を呈している。

 今回は大一番を前に栗東から届けられた有力情報からピックアップした注目すべき出走馬をご紹介しよう。

JRA栗東「武豊ユーキャンスマイル陣営」本音ゲット? 人気エタリオウ、上がり馬の状況など情報多数入手の画像1

 今年の菊花賞で有力視されている1頭であるエタリオウ(友道康夫厩舎)。8戦して未勝利戦1勝にとどまっているものの、青葉賞(G2)2着、日本ダービー(G1)4着、神戸新聞杯(G2)2着と惜しい競馬を続けている。それだけにここにかける思いも強いはずだ。

 しかし、不安も残る。17日にはアドマイヤデジタル、エタリオウ、レースで騎乗する武豊騎手を背にしたユーキャンスマイルの隊列で最終追い切り。スムーズに折り合いをつけて、6F83秒4~1F11秒7の好タイムを記録するも先着したのはユーキャンスマイル。エタリオウはアタマ差遅れてしまった。

「武豊騎手が騎乗した本番仕様のユーキャンスマイルと助手が乗っているエタリオウとでは差が出て当然。管理する友道調教師も『問題ないと思う』と涼しい顔をしていましたよ。

 春先まで見せていた口向き、気性の難しさも成長と厩舎スタッフの手厚いケアで改善しつつあるようです。以前までは追われると過剰反応していまい、折り合いを欠いてしまうところがありましたが、厩舎スタッフは『落ち着いてきて、いい意味で長距離馬っぽい感じになってきた』と話していました」(栗東担当A)

 これまで"勝ち味に遅い"といわれてきたエタリオウだが、大輪の花を咲かせることができるだろうか?

JRA栗東「武豊ユーキャンスマイル陣営」本音ゲット? 人気エタリオウ、上がり馬の状況など情報多数入手のページです。GJは、競馬、エタリオウ栗東菊花賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!